pagetop

本 金利と経済 高まるリスクと残された処方箋

ほしい!に追加 twitter
本-金利と経済 高まるリスクと残された処方箋
著者: 翁邦雄 (著)
定価 ¥1,944(税込)
BOOKFANポイント: 90 pt
or
Tポイント: 54 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
ダイヤモンド社
発行年月
2017年 02月
ISBNコード
9784478101681
版型
127×188mm
ページ数
262P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

翁邦雄 OFF

内容紹介

日銀金融研究所長などを歴任した第一人者が生きた題材をもとに景気、成長と金利の関係を検証。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 金利とは何か/第2章 バブルとデフレ、どちらをとるか/第3章 長期停滞が懸念される理由/第4章 自然利子率がマイナスの場合の金融政策/第5章 マイナス金利政策の登場/第6章 「マイナス金利」追加の功罪/第7章 「イールドカーブ・コントロール」の行方/第8章 「財政政策の時代」と金融政策

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ