pagetop

雑誌 BRUTUS(ブルータス) 2018年1月15日号

ほしい!に追加 twitter
雑誌-BRUTUS(ブルータス) 2018年1月15日号
定価 ¥680(税込)
BOOKFANポイント: 31 pt
or
Tポイント: 18 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
マガジンハウス
発売日
2017年 12月 15日
雑誌JAN
4910277530185
雑誌コード
27751
版型
Aヘン  (297×234mm)

新刊お知らせ登録一覧へ »

BRUTUS(ブルータス) OFF

特集情報

★Book in Book
・危険な漫画。


[特集]
●危険な読書

―たとえ一冊であっても、深く心に突き刺さり、
常識がひっくり返るような読書こそを楽しみたい。
今号「危険な読書」は、世の中にはまだこんな本があったのか
という発見とともに、読了後にはこの世界の見え方や今後の
人生すら変えちゃうかもしれない、そんな一冊に出会うための
危ない指南書です。


◇ポリティカルな読書のススメ。
◇食べること、交わること、混沌とすること。
◇約束は守らないといけない。/ 淡々と生きるすごみ。
◇怒りの文学。
◇危ない水野しずの読書遍歴。/ 世界が変わるアイドル本。
◇極限状態、漂流文学。/ 山の怪談。
◇反社会的な、社会派出版社。/ 人の闇を覗く―事件本―。
◇世にも奇妙なSF作家グラフィティ。/ SF小説よりずっと未来。
◇活字中毒者の本棚。
◇五感で味わう本の話。/ 切って候、「裁断本」。
◇他人の「手帳類」を覗き見る。/ 命懸けの取材―潜入本―。
◇戦慄の東欧文学。/ 没後70年、クロウリー再臨。
◇ぞっとする俳句、短歌。
◇自分が死んだことに気がつかない人たち。
◇ニッポンのオカルト。
◇嘘のようなホントの話。
◇日本の分離独立を空想する。/ オルタナティブな表現の場。
◇◯◯の文化史。
◇危険な作家
(1)平山夢明
(2)吉野源三郎
(3)町田 康
(4)今村夏子
(5)ドナルド・トランプ
◇危険な本屋大賞2017



◆人間関係 写真/篠山紀信
『おんぶの理由(わけ)』
芦田愛菜、田中裕子
◆クルマのある風景
「ホンダ N-BOX」
◆BRUTUSCOPE 「KAI(EXO)」他


…ほか