pagetop

雑誌 歴史群像 2018年12月号

ほしい!に追加 twitter
雑誌-歴史群像 2018年12月号
定価 ¥1,080(税込)
BOOKFANポイント: 10 pt
or
Tポイント: 10 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
学研プラス
発売日
2018年 11月 06日
雑誌JAN
4910096771288
雑誌コード
09677
版型
B5  (257×182mm)

新刊お知らせ登録一覧へ »

歴史群像 OFF

特集情報

☆豪華三大付録!
・本誌オリジナル!
激闘!戦国の城 カレンダー
・復刻 田原坂の戦い 詳細戦況図
・西南戦争 田原坂の戦い 戦場の現在


[第一特集]
●通説を再検証!薩軍vs.政府軍!西南戦争最大の激戦
作戦分析 田原坂の戦い

――西南戦争の激戦の代名詞となった田原坂。
肝心の時に連絡と兵站において蹉跌を重ねた手練れの薩摩軍。
かたや創設間もない日本陸軍にとっては近代的作戦能力を
獲得する一大試練となった。
作戦および地形の側面を中心にその実相に迫る。

[第二特集]
●豊臣と徳川の運命を分けた「三河中入り」作戦
作戦分析 小牧・長久手合戦

――織田政権の後継を巡って戦われた賤ヶ岳合戦。
羽柴秀吉は柴田勝家を打倒して事実上の織田政権の後継者となる。
着々と勢力を広げる秀吉の前に立ちはだかったのが、
織田信雄と徳川家康であった。
のちの豊臣政権と徳川政権の行く末を決めた
「天下分け目の戦い」の経緯を再検証する。

[第三特集]
●信仰に端を発した二大文化圏の激突
イスラームvs.十字軍 攻防200年史

――サラディンや獅子心王リチャード、聖ヨハネ騎士団やテンプル騎士団……。
あまたの英雄、騎士たちの名で語られることの多い十字軍。
今回はその発端から終焉までを、イスラームの視点を中心に振り返る。


[カラー企画]
◆図解でわかる!
空母の艦上機発着艦システム


[検証/ドキュメント]
◆ドイツ軍とともにスターリンと戦った元ソ連軍将兵
ウラーソフ将軍とロシア解放軍
◆日本海軍―夢のロケット燃料量産計画
呂號乙薬(ろごうおつやく)
◆実録 空母『信濃』の沈没
後編 狼が爪を研ぎ待つ海へ
◆「バルバロッサ」作戦とドイツ軍冬季装備
冬服はどこに?


[インタビュー]
◆戦艦『武藏』見張伝令員
大塚健次


◆西洋戦史研究 ナポレオン戦争 Part32
半島戦争(1809年)(1)アーサー・ウェルズリーの帰還


…ほか

付録情報

別添:1:カレンダー 2:地図