pagetop

雑誌 新潮 2017年4月号

ほしい!に追加 twitter
雑誌-新潮 2017年4月号
定価 ¥979(税込)
BOOKFANポイント: 45 pt
or
Tポイント: 27 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 新潮社
発売日 2017年 03月 07日
雑誌JAN 4910049010471
雑誌コード 04901
版型 A5  (210×148mm)

新刊お知らせ登録一覧へ »

新潮 OFF

特集情報

◆劇場[長篇三〇〇枚]/又吉直樹
―上京して演劇を志す永田と恋人の沙希。
未来が見えないまま、嘘のない心で結ばれた二人の生を
圧倒的な純度で描くデビュー第二作!


◆やよいの空に[中篇一〇〇枚]/芳川泰久
―あの三月――放射能を逃れ、西へ向かう年老いた男を
〈ありえたかもしれない自分〉が追う。

◆B組会始末/大城立裕
―沖縄戦を体験した中学の仲間が集うB組会。
七〇年を経て、共有された記憶が鮮烈に蘇る。

◆格闘[連載第二回]/高樹のぶ子

[連載小説]
◆野の春(七)/宮本 輝
◆ミライミライ(十一)/古川日出男
◆TIMELESS(十二)/朝吹真理子
◆光の犬(二十)/松家仁之
◆ペインレス(二十一)/天童荒太
◆荒れ野にて(二十三)/重松 清

[対談]
◆『岩場の上から』から見えたもの/黒川 創×加藤典洋
三〇年後の日本はどこへ向かうのか?
戦後と災後を問い続ける小説家と批評家の対話。


◆「震災後文学の憑在論(hauntology)」/木村朗子
デリダの「憑在論オントロジー」と能が現前させる死者。
交差する二つの視点で震災後の文学を問う。

◆書評・村上春樹『騎士団長殺し』[緊急寄稿]/いしいしんじ

◆芸術家小説の現在
――松浦寿輝『名誉と恍惚』を読む/三浦雅士

◆深い森――梯久美子『狂うひと』私的感想文/角田光代

…ほか