pagetop

電子書籍 ぼくが子どものころ、ほしかった親になる。

ほしい!に追加 twitter
電子書籍-ぼくが子どものころ、ほしかった親になる。
著者: 幡野広志
定価 ¥1,199(税込)
BOOKFANポイント: 66 pt
or
Tポイント: 55 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
PHP研究所
eBookJapan発売日
2018年08月23日
対応デバイス
Windows  /  Mac  /  iPhone  /  iPad  /  Android  /  ブラウザ楽読み
電子書籍のタイプ
リフロー型
ファイルサイズ
5.8MB
関連タグ
小説・文芸 社会・ノンフィクション
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

ぼくが子どものころ、ほしかった親になる。 OFF
幡野広志 OFF

内容紹介

限られた未来を父は息子のかぎりないいのちにつなぐ――谷川俊太郎氏推薦 ガン(多発性骨髄腫)で余命宣告を受けた35歳の父が、2歳の息子に伝えたい大切なこと。
●1.優しさについて、ぼくが息子に伝えたいこと ●2.孤独と友だちについて、息子に学んでほしいこと ●3.夢と仕事とお金について、息子に教えておきたいこと ●4.生と死について、いつか息子と話したいこと 写真家、元猟師の著者・幡野広志が、父として男として息子に伝えたい言葉は、多くの人の心に刺さる真実の言葉である。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

書籍一覧 > ぼくが子どものころ、ほしかった親になる。