pagetop

電子書籍 クラシック リバイバル 女人追憶6

ほしい!に追加 twitter
電子書籍-クラシック リバイバル 女人追憶6
著者: 富島健夫
定価 ¥702(税込)
BOOKFANポイント: 39 pt
or
Tポイント: 32 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
小学館/文芸
eBookJapan発売日
2018年06月29日
対応デバイス
Windows  /  Mac  /  iPhone  /  iPad  /  Android  /  ブラウザ楽読み
電子書籍のタイプ
リフロー型
ファイルサイズ
2.4MB
連載誌・レーベル
クラシック リバイバル
関連タグ
小説・文芸  /  小学館eBooks  /  クラシック リバイバル
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

女人追憶 OFF
富島健夫 OFF

内容紹介

性に奔放貪欲な女子大生との“危険な情事”。
夏休みを終え東京に戻った真吾は、大学の構内で年上の明美と知り合う。
文学部の三年で作家志望の明美は男性未経験であり、彼女の「女になる」という希望を叶えるため、ふたりは出会ったその日に旅館に向かう。
小説に活かすためなのか、男と対等以上でありたいためなのか、教材である真吾や自身の変化までも理性的に観察し、随所で質問をする明美。
自意識が強く、理屈っぽい明美に多少の疎ましさを感じるも、時折いじらしくなったり、可愛いことを言ったりするその振幅の大きさに、次第に魅力を感じるようになっていく。
結局、一夜限りの関係のはずがその後も逢瀬はつづき、知識欲が旺盛な明美は、ついには旅館で働く中年のキクと真吾の交歓を見学したいと言い出す。
一方、新しい下宿先では、大家の孫娘・小学五年の雪子が真吾に懐くようになり、向かいの部屋には新婚夫婦が越してくる。
真吾は雪子に請われるままに“小さな戯れ”の共犯者になる。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

書籍一覧 > 女人追憶