pagetop

電子書籍 さあ、子どもたちの「未来」を話しませんか~2017年告示 新指針・要領からのメッセージ~

ほしい!に追加 twitter
電子書籍-さあ、子どもたちの「未来」を話しませんか~2017年告示 新指針・要領からのメッセージ~
著者: 汐見稔幸
おおえだけいこ
定価 ¥1,166(税込)
BOOKFANポイント: 64 pt
or
Tポイント: 54 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
小学館/文芸
eBookJapan発売日
2017年10月13日
対応デバイス
Windows  /  Mac  /  iPhone  /  iPad  /  Android  /  ブラウザ楽読み
電子書籍のタイプ
リフロー型
ファイルサイズ
15.2MB
関連タグ
小学館eBooks  /  専門書 教育
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

さあ、子どもたちの「未来」を話しませんか~2017年告示 新指針・要領からのメッセージ~ OFF
汐見稔幸 OFF
おおえだけいこ OFF

内容紹介

指針・要領に込められた思いがよくわかる。
子どもたちを取り巻く社会や世界の情勢が急速なスピードで変化する時代になりました。
この激動ともいえる時代で、私たちは子どもたちを育てています。
この子たちの未来は大丈夫なのか、もっと時代に即した育ちが必要なんではないか、そう考えた欧米を中心とした国々は、国家戦略として子どもたちの幼児教育を考えました。
今回の「保育所保育指針」「幼稚園教育要領」「幼保連携型認定こども園教育・保育要領」の改定は、世界のそのような動きに呼応するものです。
本書は、「指針」と「教育・保育要領」の改定にかかわった汐見稔幸先生が、それらに込めた思いを、わかりやすく解説したエッセイです。
まず、対応が迫られている「環境・社会の変化」とはどのようなものかから説き始めます。
それはすなわち世界が保育・幼児教育に投資する背景でもあるからです。
そして日本の現状はどうなっているかを伝え、それを踏まえて、3つの指針・要領がどう改定されたのかをくわしく説明します。
わかりにくい箇所は、イラストを多用して、できるだけやさしく解説します。
読めば「なるほど、今回の改定の意味はこういうことだったのか!」と納得できる作りとなっています。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

書籍一覧 > さあ、子どもたちの「未来」を話しませんか~2017年告示 新指針・要領からのメッセージ~
<a href="index.php?module=ecsearch&action=plist&s1=%E9%9B%BB%E5%AD%90%E6%9B%B8%E7%B1%8D&s4=%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88"target="_parent">セット商品ならBOOKFANポイントが7%還元でオトク!</a>通常商品も6%還元 電子書籍ってなに? 電子書籍のはじめ方
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
コミック全巻セットはこちら★
特集一覧へ