pagetop

電子書籍 バック・ステージ【期間限定!試し読み特別版】  2017/11/30で販売終了

ほしい!に追加 twitter
電子書籍-バック・ステージ【期間限定!試し読み特別版】
著者: 芦沢央
定価 ¥0(税込)

商品情報

出版社名
KADOKAWA / 角川書店
eBookJapan発売日
2017年09月01日
対応デバイス
Windows  /  Mac  /  iPhone  /  iPad  /  Android  /  ブラウザ楽読み
電子書籍のタイプ
リフロー型
ファイルサイズ
2.1MB
連載誌・レーベル
角川書店単行本
関連タグ
小説・文芸  /  小説・文芸 ミステリー  /  角川書店単行本  /  KADOKAWA  /  KADOKAWA / 書籍
平均評価
(4)
: 0件
: 1件
: 0件
: 0件
: 0件
ブクレポ
1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

バック・ステージ OFF
芦沢央 OFF

この商品の別バージョンはこちら

この商品の紙書籍はこちら

内容紹介

新入社員の松尾はある晩会社で、先輩の康子がパワハラ上司の不正の証拠を探している場面に遭遇するが、なぜかそのまま片棒を担がされることになる。
翌日、中野の劇場では松尾たちの会社がプロモーションする人気演出家の舞台が始まろうとしていた。
「離婚したばかりのシングルマザー」「再会した同級生」「舞台に抜擢された新人俳優」「認知症の兆候が表れた大女優」舞台の周辺では、4つの事件が同時多発的に起き、勘違いとトラブルが次々発生。
バラバラだったパズルのピース、それが松尾と康子のおかしな行動によって繋がっていき……。
すべてのピースがピタリとはまったラストに、思わず「ビンゴ!」。
毎日ストレスフルに働くあなたを、スッキリさせる「気分爽快」ミステリー!期間限定お試し版!冒頭約50ページ分が無料で読めます!

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

書籍一覧 > バック・ステージ

ブクレポ (レビュー)

ニックネーム: まーち 投稿日:2017/10/17

お見事!

この作品、まず、「序幕」で、松尾という新入社員が、ひょんなことから、上司の不正を内部告発しようとしている、先輩の康子の証拠探しに巻き込まれる様子が描かれる。そして、とんでもない事態が発生したところで、「第一幕」が始まる。


当然、松尾と康子の話が続くものと思って読み始めたのだが、上司の不正の話とは、全く関係ない親子の話が語られていくのだ。
これは一体、どういうことなのか?と思いながら読み進めると、その親子の話が、「序幕」で描かれた、康子の行動とつながっていることがわかってくる。


あ~、これは、そういう話なのかと納得し、「第二幕」に進むと、今度は、大学生の男女の話になっている。
その話でも、やはり、「序幕」での、康子の行動とつながっているのだ。
さらに、「序幕」で、松尾たちが、ある理由から、行方を捜すことになった女子高生たちの向かった、人気演出家の舞台の話ともつながっていく。


そして、「第三幕」では、とうとう、その舞台の裏側が描かれることになる。
新人俳優に届いた脅迫状をめぐる話なのだが、そこでもまた、康子の行動が絡んでくるのである。


さらに、「第四幕」では、ついに、康子が告発しようとしている上司・澤口も登場することになる。
認知症の症状が出始めた女優と、彼女のマネージャーの話なのだが、この話の中での澤口の行動が、彼自身を窮地に追い込むことになるのだ。


「終幕」で、やっと、松尾たちの会社の話に戻る。
康子と松尾、ピンチか?!と思われたのだが、彼女たちの窮地を救い、澤口を追いつめたのは、澤口にいじめられていた、松尾の同期の、玉ノ井という女の子だったのである。


この作品、まさか、そういう展開になるとは思わなかったので、びっくりだったのだが、読み終わって、巻末の「初出」を見て、さらに驚いた。
というのは、「第一幕」から「第四幕」の話は、「小説 野生時代」に連載されたものなのだが、「序幕」と「終幕」は書き下ろし、つまり、この作品は、もともと、一つの作品ではなかったということなのだ。
4つの話に、「序幕」と「終幕」を加えることによって、一つの作品に仕上げてしまったということなのである。
そのつなげ方は、見事としか言いようがない。


さらに、この作品の面白いところは、一つの作品の中で、ちょっとした謎が絡んだ、いろいろなタイプの話を読むことができるということである。
「第一幕」は、ちょっと切ない親子の話、「第二幕」は、青春ぽい話、「第三幕」は、プチサスペンスっぽい話、そして「第四幕」は、人間ドラマ的な話。


ラストも、スカッとするこの作品。
芦沢さん、お見事という感じだった。




<おまけ情報>
この本、表紙のカバーの裏に、「お楽しみ掌編」が載っている。
どうせ、図書館の本だから、フィルムがかかっていて読めないんでしょ、と思ったのだが、なんと、裏側が読めるように、うま~くフィルムがかけられているではないか!
おかげさまで、無事に読むことができた。
図書館、グッジョブ!
<a href="index.php?module=ecsearch&action=plist&s1=%E9%9B%BB%E5%AD%90%E6%9B%B8%E7%B1%8D&s4=%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88"target="_parent">セット商品ならBOOKFANポイントが7%還元でオトク!</a>通常商品も6%還元 電子書籍ってなに? 電子書籍のはじめ方
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
コミック全巻セットはこちら★
特集一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ