pagetop

電子書籍 悪寒

ほしい!に追加 twitter
電子書籍-悪寒
著者: 伊岡瞬
定価 ¥1,749(税込)
BOOKFANポイント: 97 pt
or
Tポイント: 81 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
集英社/文芸
eBookJapan発売日
2017年08月04日
対応デバイス
Windows  /  Mac  /  iPhone  /  iPad  /  Android  /  ブラウザ楽読み
電子書籍のタイプ
リフロー型
ファイルサイズ
1014.5KB
連載誌・レーベル
集英社文芸単行本
関連タグ
小説・文芸  /  集英社文芸単行本
平均評価
(3)
: 0件
: 0件
: 1件
: 0件
: 0件
ブクレポ
1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

悪寒 OFF
伊岡瞬 OFF

内容紹介

大手製薬会社「誠南メディシン」に勤める藤井賢一は、会社の不祥事の責任を一方的に取らされ、東京から山形の片田舎にある関連会社「東誠薬品」に飛ばされた。
それから八か月ほど経ったある夜、東京で娘・母と暮らす妻の倫子から、不可解なメールを受け取る。
〈家の中でトラブルがありました〉すぐさま倫子に電話をするが、繋がらない。
その数時間後、賢一の元に警察から電話が入る。
「藤井倫子を傷害致死の容疑で逮捕しました」。
妻が殺した相手は、賢一にとっては雲の上の存在、「誠南メディシン」の常務、南田隆司だった――。
賢一の単身赴任中に、一体何が起きていたのか。
その背景には、壮絶な真相があった。
絶望の先にある愛を信じられるか――。
『代償』で話題沸騰の著者、渾身の長編ミステリ。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

書籍一覧 > 悪寒

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: まーち 投稿日:2017/08/24

意外性を狙いすぎて、逆に違和感

大手製薬会社に勤務する藤井は、社内の不祥事の責任を押し付けられ、山形にある孫会社に出向となった。1年たらずで戻れると約束されていたのに、全くその気配はなく、焦りや苛立ちを感じ始めた頃、妻から、不可解なメールが届く。
不審に思った藤井は、妻に電話をしたのだが、携帯にも固定電話にもつながらなかった。
娘の携帯にかけてもつながらず、嫌な予感がした彼は、夜行バスで、家に戻る決意をしたのである。
バスに乗るため、タクシーで駅まで向かう途中、警視庁の警察官から、電話がかかってくる。
そして、妻の倫子(のりこ)が、傷害致死の容疑で逮捕されたと言われたのである。
東京に着いた藤井は、倫子が殺したのは、常務の南田だと聞かされる。
藤井は、何かの間違いではないかと思うのだが、倫子は、罪を認め、裁判となり・・・


この作品、展開が非常にじれったい。
藤井のダメっぷりにも、イライラを感じてしまった。
終盤で、予想通りの展開となり、まさか、そんなありきたりな話では終わらないだろうと思っていたら、その後、予想を超えた展開となった。


この事件、非常に後味が悪い。
感情をこじらせた人間は、そこまでやるのかという感じだった。
しかしながら、終盤の展開は、ちょっとやり過ぎではないかと思った。
意外性を狙いすぎて、逆に違和感を抱いてしまった。


この作品、「痣(http://bookrepo.com/book/show/3143152?u=31605)」という作品で登場した刑事たちが、再び登場するのはうれしかったが、ちょっと美人が多すぎるのではないかという気がした。
藤井の妻、娘、妻の妹、弁護士、こんなに美人ばかりでは、さすがに不自然な感じがする。
「悪寒」というタイトルも、いまひとつピンとこない。


この方の作品は、違和感が残るパターンが多い気がする。
<a href="index.php?module=ecsearch&action=plist&s1=%E9%9B%BB%E5%AD%90%E6%9B%B8%E7%B1%8D&s4=%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88"target="_parent">セット商品ならBOOKFANポイントが7%還元でオトク!</a>通常商品も6%還元 電子書籍ってなに? 電子書籍のはじめ方
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
コミック全巻セットはこちら★
特集一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ