pagetop

電子書籍 期間限定!お試し特別版 祝言島  2018/01/31で販売終了

ほしい!に追加 twitter
電子書籍-期間限定!お試し特別版 祝言島
著者: 真梨幸子
定価 ¥0(税込)

商品情報

出版社名
小学館/文芸
eBookJapan発売日
2017年07月21日
対応デバイス
Windows  /  Mac  /  iPhone  /  iPad  /  Android  /  ブラウザ楽読み
電子書籍のタイプ
リフロー型
ファイルサイズ
1.3MB
関連タグ
小説・文芸  /  小説・文芸 ミステリー  /  小学館eBooks
平均評価
(3)
: 0件
: 0件
: 1件
: 0件
: 0件
ブクレポ
1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

期間限定!お試し特別版 祝言島 OFF
真梨幸子 OFF

この商品の別バージョンはこちら

この商品の紙書籍はこちら

内容紹介

“イヤミスの女王”最新刊、期間限定!お試し特別版! 東京オリンピック前夜の1964(昭和39)年、小笠原諸島にあった「祝言島」が噴火し、生き残った島民は青山の仮設住宅に避難した。
しかし後年、祝言島は“なかったこと”にされ、ネット上でも都市伝説になった。
一方で、祝言島を撮ったドキュメンタリー映画が存在し、ノーカット版には恐ろしい映像が含まれていた。
2006年12月1日、東京で3人の人物が連続して殺され、未解決となっている「十二月一日連続殺人事件」。
無関係と思われる3人の共通点が「祝言島」だった。
半世紀を経て、“消された島”の禍々しい歴史が暴かれる――!!!※本作品は、2017年7月26日配信『祝言島』の期間限定!お試し特別版です。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

書籍一覧 > 期間限定!お試し特別版 祝言島

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: まーち 投稿日:2017/08/19

反則ぎみ?

この作品は、2006年11月30日深夜から12月1日夜にかけて発生した、「12月1日連続殺人事件」と言われる未解決事件について検証するという、スペシャル番組を中心に描かれていく。その事件は、その日に、3人の男女が、相次いで殺害されたというものなのだが、殺された3人の共通点は、七鬼紅玉(なおきルビィ)という名の女優と、「祝言島」という島だった。


話は、事件を追うテレビ番組の制作会社でアルバイトをすることになった九重皐月(メイ)、殺害された女優・国崎珠里、七鬼紅玉、紅玉の母親・百合(リリィ)を描いた再現ドラマと、被害者の関係者たちによる証言によって構成されている。


「祝言島」は、「ホカイシマ」と読むのが正式らしい。
小笠原諸島の南端に位置するのだが、1964年の4月に噴火し、島そのものが沈没してしまい、生き残った島民たちは、青山のアパートに避難した。
しかし、オリンピックを控えていたため、大きなニュースになることはなく、その後は、戦争との絡みもあり、存在すらしない、都市伝説的な島ということになってしまったようである。
島民たちが暮らすアパートでさえ、その場所は、公にされていない。


では、3人は、なぜ殺されたのか?
そこには、島で行われていた、二つの、恐ろしい“こと”と、島に伝わる歌が関係していて・・・


う~ん、この作品、ちょっと期待外れだった。
簡単に言えば、騙される系の作品なのだが、その騙し方が、いつもの真梨さんらしい、やられた感がなかった。
作品の冒頭に、登場人物の一覧が掲載されているのだが、これも、親切心で載せているわけではなかったことが、読み終わるとわかる。
確かに、事件の真相は驚きだったが、犯人については、ちょっと反則ぎみなのではないかと思ってしまった。


真梨さんの作品にしては、読んでいて、なんとなく引き込まれず、気が付いたら読み終わっていたという感じだった。


ちなみに、この作品とは全く関係ないが、「祝言島」という名前の島は、長崎県の五島列島に実在するそうである。
<a href="index.php?module=ecsearch&action=plist&s1=%E9%9B%BB%E5%AD%90%E6%9B%B8%E7%B1%8D&s4=%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88"target="_parent">セット商品ならBOOKFANポイントが7%還元でオトク!</a>通常商品も6%還元 電子書籍ってなに? 電子書籍のはじめ方
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
コミック全巻セットはこちら★
特集一覧へ