pagetop

電子書籍 機長、事件です! 空飛ぶ探偵の謎解きフライト

ほしい!に追加 twitter
電子書籍-機長、事件です! 空飛ぶ探偵の謎解きフライト
著者: 秋吉理香子
定価 ¥1,620(税込)
BOOKFANポイント: 90 pt
or
Tポイント: 75 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
KADOKAWA / 角川書店
eBookJapan発売日
2017年03月25日
対応デバイス
Windows  /  Mac  /  iPhone  /  iPad  /  Android  /  ブラウザ楽読み
電子書籍のタイプ
リフロー型
ファイルサイズ
3.1MB
連載誌・レーベル
角川書店単行本
関連タグ
小説・文芸  /  小説・文芸 ミステリー  /  角川書店単行本  /  KADOKAWA  /  KADOKAWA / 書籍
平均評価
(3)
: 0件
: 0件
: 1件
: 0件
: 0件
ブクレポ
1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

機長、事件です! 空飛ぶ探偵の謎解きフライト OFF
秋吉理香子 OFF

内容紹介

ニッポン・エアラインの間宮治郎は、成田発シャルル・ド・ゴール着のフライトで国際線の副操縦士としてデビューしたばかり。
フライトを共にするのは、ニッポン・エアラインに20名ほどしかいない女性パイロットの中でも“切れ者”として知られる氷室翼。
そのクールな容姿と冷静沈着さから「アイス・クイーン」の異名を持つ。
そんな彼女のとの初フライトは怪しげな事件が頻発。
往路では高級宝飾品消失、ステイ先のパリの市場では怪しげな連中に追われ、モン・サン・ミシェルでは殺人事件に遭遇、さらに帰路では搭乗客が苦しみ出す……。
立て続けに起こる事件を前に、氷室は持ち前の洞察力で、証拠から矛盾を見いだし真相に迫る。
事件と推理、航空業界のお仕事と成長、そして淡い恋の予感を描く、旅行気分と探偵気分、一挙両得の本格トラベル・ミステリー!

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

書籍一覧 > 機長、事件です! 空飛ぶ探偵の謎解きフライト

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: まーち 投稿日:2017/05/04

超絶美人機長の名推理!

この作品の主人公は、間宮治郎。ニッポン・エアラインの副操縦士である。


この作品は、彼の、国際線初フライトで発生した4つの事件を描いた、連作短編集だ。
しかし、事件を解決するのは彼ではない。
探偵役は、冷静沈着なエリートパイロット・氷室翼である。
しかも翼は、超絶美人の、女性パイロットなのだ。
しかしながら、その冷たい美貌から、「アイス・クイーン」の異名を持つ。


さてさて、間宮の、パリへの初フライトで、どんなことが起きたのか・・・?


『氷の女王』では、機内でプロポーズしようとしていた男性が機内に持ち込んだ婚約指輪が消えてしまう。


『クリニャンクール事件』では、パワーストーン効果で、間宮がモテモテに?


『修道院の怪人』では、モン・サン・ミッシェルで、殺人事件に巻き込まれる。


『機上の疑惑』では、ピアノコンクールの優勝候補である乗客が、機内で、原因不明の発作を発症する。


二つ目の話は、早い段階で筋が読めてしまったりと、ミステリとしてのインパクトは、いまひとつである。
この作品、どちらかというと、パイロットに関するさまざまな情報の方が興味深かった。
たとえば、パイロットが、いつも持ち歩いている鞄の中には、どんなものが入っているかとか、パイロットに課せられた、厳しいルールとか、コックピット内で、どんなことをしているのかとか。
この作品を読んだら、10年以上前に放送された、キムタク主演のドラマ「GOOD LUCK!!」を思い出した。
あのドラマでも、キムタクが、副操縦士役だった。
そのドラマの中で描かれていたさまざまなことが、この小説の中で解説されている感じだった。
驚いたのは、秋吉さんのご両親とお姉さまが、パイロットであるということである。
だから、女性のパイロットを描くという発想が、すんなり浮かんだのかもしれない。


今まで読んだ秋吉さんの作品からは想像がつかないような、軽いノリの作品だった。
第二機長として、幸村というパイロットも同乗するのだが、彼は、氷室とは正反対の、チャラい感じの男なのだ。
まぁ、パイロットとしての腕は確かなのだが。
その幸村と氷室の驚きの関係が、ラストで明らかになる。


さらに、チーフパーサーの多岐川麗美は、「こち亀」の、カトリーヌ・麗子ばりのお嬢様だったり、間宮が、氷室に、淡い恋心を抱いたりと、ドラマにするにはピッタリの要素満載である。
ちなみに間宮は、子どもの頃のハリー・ポッターに似ているらしい。


この作品でありがたかったのは、作品内で登場する主要な場所の写真が、冒頭に掲載されていたことである。
場所のイメージが浮かび、とても助かった。


飛行機に関する情報と、旅行気分も味わえる、軽いタッチのミステリだった。