pagetop

電子書籍 犬夜叉 (9)

ほしい!に追加 twitter
電子書籍-犬夜叉 (9)
著者: 高橋留美子
定価 ¥432(税込)
BOOKFANポイント: 24 pt
or
Tポイント: 20 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
小学館
eBookJapan発売日
2017年03月22日
対応デバイス
Windows  /  Mac  /  iPhone  /  iPad  /  Android  /  ブラウザ楽読み
電子書籍のタイプ
画像型
ファイルサイズ
56.4MB
ページ数
189ページ
連載誌・レーベル
少年サンデー
関連タグ
長編コミック  /  少年コミック  /  ファンタジー  /  ラブストーリー  /  少年サンデー
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

犬夜叉 OFF
高橋留美子 OFF

内容紹介

▼第1話/人面果▼第2話/箱庭▼第3話/腹中の光▼第4話/桃果人の厨房▼第5話/仙人の薬▼第6話/変化の弓▼第7話/犬夜叉の心▼第8話/退治屋▼第9話/罠▼第10話/砦の中●登場人物/犬夜叉(いぬやしゃ。
かごめに封印をとかれ、甦った邪悪な半妖怪。
四魂の玉を狙っている)、かごめ(戦国時代にタイムスリップしてきた現代の少女。
実家は神社)、奈落(犬夜叉と巫女の桔梗に殺し合いをさせる罠をかけた妖怪)、弥勒(みろく。
法力を持つ謎の法師)、七宝(しつほう。
コギツネ妖怪)、桃果人(とうかじん。
人食い仙人)●あらすじ/川原で休憩していた犬夜叉一行は、川の上流から人の生首が流れてくるのを見つける。
不思議なことに首にはどこにも斬られた跡が無い。
「妖怪の仕業か?」と考え、川をさかのぼっていった犬夜叉たちが見つけたのは、人の首がなる奇妙な木であった(第1話)。
▼自らの不老長寿のために人間を食い続ける仙人・桃果人のもとに単身乗り込んでいった犬夜叉。
しかし自慢の鉄砕牙が桃果人に効かない! 逆に桃果人の術によって体を小さくされ、食べられてしまう。
犬夜叉は必死で脱出しようとするのだが、不運なことに、その日は持っている妖力が消えてしまう“朔の日”だった! 人間になってしまう前に桃果人の腹から出なければ、体を溶かされてしまう!!(第2話)●その他の登場人物/珊瑚(さんご。
妖怪の退治屋)、琥珀(珊瑚の弟。
同じく退治屋)

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

関連商品

書籍一覧 > 犬夜叉