pagetop

電子書籍 夜行

ほしい!に追加 twitter
電子書籍-夜行
著者: 森見登美彦
定価 ¥1,360(税込)
BOOKFANポイント: 75 pt
or
Tポイント: 63 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 小学館/文芸
eBookJapan発売日 2016年10月25日
対応デバイス Windows  /  Mac  /  iPhone  /  iPad  /  Android  /  ブラウザ楽読み
電子書籍のタイプ リフロー型
ファイルサイズ 1.8MB
関連タグ 小説・文芸  /  小説・文芸 ファンタジー  /  小説・文芸 ホラー・カルト  /  小学館eBooks
平均評価
(3.5)
: 0件
: 1件
: 1件
: 0件
: 0件
ブクレポ 1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

夜行 OFF
森見登美彦 OFF

この商品の別バージョンはこちら

この商品の紙書籍はこちら

内容紹介

僕らは誰も彼女のことを忘れられなかった。
私たち六人は、京都で学生時代を過ごした仲間だった。
十年前、鞍馬の火祭りを訪れた私たちの前から、長谷川さんは突然姿を消した。
十年ぶりに鞍馬に集まったのは、おそらく皆、もう一度彼女に会いたかったからだ。
夜が更けるなか、それぞれが旅先で出会った不思議な体験を語り出す。
私たちは全員、岸田道生という画家が描いた「夜行」という絵と出会っていた。
旅の夜の怪談に、青春小説、ファンタジーの要素を織り込んだ最高傑作!「夜はどこにでも通じているの。
世界はつねに夜なのよ」

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

書籍一覧 > 夜行

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: まーち 投稿日:2016/12/15

「世界はつねに夜なのよ」

英会話スクールに通っていた仲間たちが、「鞍馬の火祭」を見物するため、10年ぶりに、京都に集まる。実は、10年前の夜、同じ仲間たちで、鞍馬の火祭を見物に出かけたのだが、仲間のひとりである長谷川さんが、その夜、姿を消し、その後、何一つ手がかりがないままなのである。


大橋は、早く到着しすぎてしまったので、時… >>続きを読む
<a href="index.php?module=ecsearch&action=plist&s1=%E9%9B%BB%E5%AD%90%E6%9B%B8%E7%B1%8D&s4=%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88"target="_parent">セット商品ならBOOKFANポイントが7%還元でオトク!</a>通常商品も6%還元 初めての方へ
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
クラウド本棚認証or認証&電子書籍購入でギフト券プレゼント!
特集一覧へ