pagetop

電子書籍 折れた竜骨 上

ほしい!に追加 twitter
電子書籍-折れた竜骨 上
著者: 米澤穂信
定価 ¥570(税込)
BOOKFANポイント: 31 pt
or
Tポイント: 26 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
東京創元社
eBookJapan発売日
2015年06月12日
対応デバイス
Windows  /  Mac  /  iPhone  /  iPad  /  Android  /  ブラウザ楽読み
電子書籍のタイプ
リフロー型
ファイルサイズ
2.5MB
関連タグ
小説・文芸  /  小説・文芸 ミステリー  /  小説・文芸 推理  /  小説・文芸 ファンタジー  /  小説・文芸 サスペンス
平均評価
(2.5)
: 0件
: 1件
: 0件
: 0件
: 1件
ブクレポ
1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

折れた竜骨 OFF
米澤穂信 OFF

内容紹介

ロンドンから出帆し、波高き北海を三日も進んだあたりに浮かぶソロン諸島。
その領主を父に持つアミーナはある日、放浪の旅を続ける騎士ファルク・フィッツジョンと、その従士の少年ニコラに出会う。
ファルクはアミーナの父ローレントに、御身は恐るべき魔術の使い手である暗殺騎士に命を狙われている、と告げた……。
いずれ劣らぬ怪しげな傭兵たちが顔を揃える中、殺人劇の幕が上がる。
いま最も注目を集める俊英が渾身の力で放ち絶賛を浴びた、魔術と剣と謎解きの巨編。
第64回日本推理作家協会賞受賞ほか、各種年末ミステリ・ランキングで上位を総なめにした、俊英渾身の本格推理巨編。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

書籍一覧 > 折れた竜骨

ブクレポ (レビュー)

ニックネーム: 文庫屋 投稿日:2014/11/09

魔術と謎解きが共存できると知りました。

最初はどうなるかと思いましたが面白かったです。
何しろミステリーだと思って読み始めたのに、魔術ですから・・・。
序盤はその世界観に違和感がありました。中世ヨーロッパが舞台なのは良いとして、
魔法有りで推理が成立するのか?

アリバイもトリックも何でも有りなのでは?
と、ちょっと腑に落ちない感じでした。
ところが登場人物たちがそんな感覚を吹き飛ばしてくれました。
舞台となったソロン諸島とその領主はいわく付き。
不老不死の「呪われたデーン人」に胡散臭げな傭兵たち。
謎解き役の騎士と従者も何やら意味深だし。
前述の違和感など忘れて引き込まれました。
領主殺害という事件の他、最後に密室の謎も提示されて、
その他伏線も含めてこの後どう収拾されるのか楽しみです。