pagetop

電子書籍 波よ聞いてくれ (1)

ほしい!に追加 twitter
電子書籍-波よ聞いてくれ (1)
著者: 沙村広明
定価 ¥540(税込)
BOOKFANポイント: 30 pt
or
Tポイント: 25 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
講談社
eBookJapan発売日
2015年05月22日
対応デバイス
Windows  /  Mac  /  iPhone  /  iPad  /  Android  /  ブラウザ楽読み
電子書籍のタイプ
画像型
ファイルサイズ
159.3MB
ページ数
193ページ
連載誌・レーベル
アフタヌーン
関連タグ
青年コミック  /  人情  /  仕事  /  アフタヌーン
平均評価
(5)
: 1件
: 0件
: 0件
: 0件
: 0件
ブクレポ
1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

波よ聞いてくれ OFF
沙村広明 OFF

内容紹介

舞台は北海道サッポロ。
主人公の鼓田ミナレは酒場で知り合ったラジオ局員にグチまじりに失恋トークを披露する。
すると翌日、録音されていたトークがラジオの生放送で流されてしまった。
激高したミナレはラジオ局に突撃するも、ディレクターの口車に乗せられアドリブで自身の恋愛観を叫ぶハメに。
この縁でラジオ業界から勧誘されるミナレを中心に、個性あふれる面々の人生が激しく動き出す。
まさに、波よ聞いてくれ、なのだ!

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

書籍一覧 > 波よ聞いてくれ

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: Ciron460 投稿日:2015/05/31

読後雑感

この連載が始まる頃からアフタヌーンの電子版が売られ始め、それを機に本誌を読むようになりました。と言ってもお目当ては謎の彼女Xだけ…と言っても過言ではなかったわけですが。そんななか突然新連載で始まったこの作品。著者は有名な人らしい、すごく鳴り物入りで始まったわけですが初回は正直よく分からず、絵も自分好みではなかったので数ページ読んで未だに本誌ではまともに読んだことがないという状態です。
最近の一話をちらっと見るまでは。
作品というのはどこで気になって好きになっていくかわかりません。最初わけのわからないと思ってた作品がどうしようもないダメの典型の女性にその語りの素質を見出しラジオのMCをさせてみようとという流れになったのか…彼女の破天荒な性格はダメな見本ですが、自分がダメになりそうな時反発力になってくれる力を持っていてその姿がとても清々しかったり、逆にもどかしかったりと作品のなかで一つの形になって出来上がっていくのを感じた時、ああこの作品をつまらない理由で見ないふりしてたら今の自分が持つ感覚は味わえなかったんだなぁ…と思うと実に感慨深い作品です。


作品に関する感想は人それぞれだと思うので、保証はいたし兼ねますが、初めて読んだとしてもなんかこの作品面白い!よくわかんないけど!って感じてもらえる作品だと思います。