pagetop

電子書籍 沈黙

ほしい!に追加 twitter
電子書籍-沈黙
著者: 遠藤周作
定価 ¥658(税込)
BOOKFANポイント: 36 pt
or
Tポイント: 30 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
新潮社
eBookJapan発売日
2014年06月20日
対応デバイス
Windows  /  Mac  /  iPhone  /  iPad  /  Android  /  ブラウザ楽読み
電子書籍のタイプ
リフロー型
ファイルサイズ
826.9KB
連載誌・レーベル
新潮社の本
関連タグ
小説・文芸  /  新潮社の本
平均評価
(4.5)
: 9件
: 4件
: 2件
: 0件
: 0件
ブクレポ
5件

新刊お知らせ登録一覧へ »

沈黙 OFF
遠藤周作 OFF

内容紹介

島原の乱が鎮圧されて間もないころ、キリシタン禁制の厳しい日本に潜入したポルトガル人司祭ロドリゴは、日本人信徒たちに加えられる残忍な拷問と悲惨な殉教のうめき声に接して苦悩し、ついに背教の淵に立たされる……。
神の存在、背教の心理、西洋と日本の思想的断絶など、キリスト信仰の根源的な問題を衝き、〈神の沈黙〉という永遠の主題に切実な問いを投げかける長編。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

書籍一覧 > 沈黙

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: クロニスタ 投稿日:2017/02/02

すごかった

一人の農民がキリストの教えを捨てることを拒み死んだ。最期までの神の奇蹟を信じ、パライソへ導かれていくことを信じて。

その光景を目の当たりにしていた司祭は疑念を抱く。


海辺に打ち捨てられた死体は、まだ息をしていたときの姿と変わっていない。ただ動かなくなっただけだ。波が押し寄せては、また引いていく。海鳥が鳴いている。日常で繰り返される、ごく普通の、自然な風景が目の前に広がるだけだ。


殉教者が現れたというのに、なぜ神は何も語らないのか。


彼は数々の奇蹟を信じていた。殉教し列聖された聖人たちの最期には必ずや神の祝福があったはずだ。


今はなぜ奇蹟が起きない。なぜ世界はなにひとつとして変わらない。
農民だからか。聖職者でなければ奇蹟は起きないのか。


数々の疑念が司祭の頭をよぎる。
神よ、なぜ何も答えてくれないのですか!


彼の頭にある人物がよぎる。
役人どもに恐れをなし、仲間を裏切り、いとも簡単にキリスト教を捨てた(転んだ)のに、いまだ司祭の後を追ってきては、罪の告解を求めるキチジローだ。


キチジローは言う。自分は弱い人間だ。だから脅されれば簡単に転ぶ。でも強い人間だけしか信仰をしちゃいけないってことじゃないでしょう? 弱い人間がキリストを信じてはいけないのですか。


司祭の答えは如何に・・・




あらゆる宗教における根本的な矛盾に対して、疑念をはさむ人間の葛藤がとてもドラマティックだった。


ある神仏を信仰している信者に対して、いま苦しいのなぜですか、との問いには祈れば楽になるといい、楽になったら祈りが通じたからだと説く。苦しみがいつまでたっても取り除かれないときは、死後の救済を約束する。
キリスト教もイスラム教も仏教も、その辺はそんなに変わらない。
答えが正しいかどうかなんて証明しようがないのだ。信じるしかないのだ。


神や仏に答えを求めたときには、もうすでに聖職者ではないのかもしれない。


物語の最後に司祭が出した答えに対して、正しいかどうかの判断なんて、それこそ神でしか下せない。


そんなに厚い本でもないのに、詰め込まれているテーマは重厚だった。
映画も見ようかな・・・

ニックネーム: コケッキー 投稿日:2011/03/29

遠藤周作さんの作品が好きで結構…

遠藤周作さんの作品が好きで結構読んでいますが、この作品が一番好きです。宗教には興味がありませんが、いろいろ考えさせられます。この沈黙の舞台となった長崎の海へ行く機会があったのですが、今でも小説のイメージそのままでした。切ないです。

ニックネーム: たたみ 投稿日:2011/03/25

小学生の頃、クリスマスのお菓子…

小学生の頃、クリスマスのお菓子と読み聞かせ(こども用聖書物語)目当てでバプテスト教会の日曜学校に通ってました。中学生になる前に受ける洗礼式が近づく頃、「何故、神は人を試すのか?」の疑問と「偶像(仏壇)を拝んではならない」に教会に行くのをやめてしまいました。
高校生の頃、教科書で「沈黙」のイエスに出会って、
“私のイエス”は厳格な神ではなく、すべてを受け止め寄り添う者であった事を確認しました。

ニックネーム: hi2515 投稿日:2010/05/05

彼の代表作とも言える一冊でしょ…

彼の代表作とも言える一冊でしょう。彼はクリスチャンでしたし、だからこそキリスト教を題材にした作品はいくつかありますが剽軽な彼をTV等で拝見して彼のどこにこの繊細さがあるのかと思わせる処もありますが、人一倍人に対する気遣いがありこの小説の中でも人に対する優しさが満ち溢れていると思います。人間の弱さ、過酷なまでのキリスト教弾圧にあって神の存在を問う。だからこそ人には救いが必要なのかもしれません。私はクリスチャンではありませんが、信仰を持つ人の強さも感じる一冊です。

ニックネーム: 藤子不二雄FA 投稿日:2009/11/10

遠藤周作の大傑作。スコセッシで…

遠藤周作の大傑作。スコセッシで映画化、というウワサを聞いたことがあるのですが、プリ夫との仕事で忙しいみたいですね。残念。
<a href="index.php?module=ecsearch&action=plist&s1=%E9%9B%BB%E5%AD%90%E6%9B%B8%E7%B1%8D&s4=%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88"target="_parent">セット商品ならBOOKFANポイントが7%還元でオトク!</a>通常商品も6%還元 電子書籍ってなに? 電子書籍のはじめ方
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
コミック全巻セットはこちら★
特集一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ