pagetop

電子書籍 万能鑑定士Qの謎解き

ほしい!に追加 twitter
電子書籍-万能鑑定士Qの謎解き
著者: 松岡圭祐
定価 ¥604(税込)
BOOKFANポイント: 33 pt
or
Tポイント: 28 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
KADOKAWA / 角川書店
eBookJapan発売日
2014年05月24日
対応デバイス
Windows  /  Mac  /  iPhone  /  iPad  /  Android  /  ブラウザ楽読み
電子書籍のタイプ
リフロー型
ファイルサイズ
1.7MB
連載誌・レーベル
角川文庫
関連タグ
小説・文芸  /  角川文庫  /  小説・文芸 ミステリー  /  小説・文芸 推理  /  小説・文芸 サスペンス  /  KADOKAWA  /  KADOKAWA / 書籍  /  春に読みたい文芸フェア2018  /  映像化フェア
平均評価
(3.5)
: 0件
: 1件
: 1件
: 0件
: 0件
ブクレポ
2件

新刊お知らせ登録一覧へ »

「万能鑑定士Q」シリーズ OFF
松岡圭祐 OFF

内容紹介

幾多の人の死なないミステリに挑んできた凜田莉子。
彼女が直面した最大の謎は大陸からの複製品の山だった。
しかもその製造元、首謀者は不明―仏像、陶器、絵画にまつわる新たな不可解を莉子は解明できるか

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

書籍一覧 > 「万能鑑定士Q」シリーズ

ブクレポ (レビュー)

ニックネーム: まーち 投稿日:2014/07/13

どうなる?日中関係!

今回の作品、Qシリーズ第20巻、Q&αシリーズ第25巻の記念の作品ということもあるのか、今までの作品とは、ちょっと違った展開となっています。それは、終盤での、小笠原さんからの言葉に表れています。どんなものなのかというと、今までの作品では、莉子さんが、あれよあれよという間に事件を解決してしまうので、読者自身も、論理的思考と推理の醍醐味を味わってみたいという要望を受けたのだそうです。そこで、今回の作品では、まるで本格ミステリのような、『読者への挑戦状』的な趣向となっているのです。そのため、今までの作品より、やや高度な内容になっている気がしました。


さて、気になる内容ですが、今回は、日中間の問題がテーマとなっています。ただでさえ険悪なムードが漂っている現在の状況を、さらに悪化させるような事態になってしまうのでしょうか・・・?


中国の、複製品を量産している組織の捜査に協力することになった莉子さん。その捜査を通して、中国人の仲間ができます。しかし、莉子さんのお手柄でいったん逮捕したボスに、まんまと逃げられてしまいます。


そして、お宝の鑑定絡みで、中国から言いがかりをつけられて、日中間の関係が険悪な状態に。さらに、美術館の絵画が行方不明となり、莉子さんと小笠原さんは囚われてしまい・・・。


この作品、単純な話ではありませんでした。今までのパターンだったら、複製品を密造している組織を捕まえて終わりだったかもしれませんが、今回の作品では、その先がありました。そこには、中国という国の、国家的な問題点が絡む、つらく厳しい事情が隠されていたのでした・・・


今回の作品では、今まで散々じらされてきた、莉子さんと小笠原さんの関係に、ついに進展が見られます。今後の展開が気になるところです。


作品の内容も、莉子さんたちの関係についても、記念作品にふさわしいものだったのではないでしょうか。もちろん、このシリーズに欠かせない、「薀蓄」もありますよ~。たとえば、『AKB48』という名前の脱法ハーブがあるらしいです。最近、問題となっている脱法ハーブですが、そんな名前がついていたりすることも、軽い気持ちで使用してしまう人たちを増やす原因の一つなのかもしれません。

ニックネーム: ST3 投稿日:2014/06/04

日中間の緊張を非現実的な設定でお送りするラブコメ