pagetop

電子書籍 機動戦士ガンダム サンダーボルト (1)

ほしい!に追加 twitter
電子書籍-機動戦士ガンダム サンダーボルト (1)
著者: 太田垣康男
矢立肇
定価 ¥648(税込)
BOOKFANポイント: 36 pt
or
Tポイント: 30 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
小学館
eBookJapan発売日
2013年12月16日
対応デバイス
Windows  /  Mac  /  iPhone  /  iPad  /  Android  /  ブラウザ楽読み
電子書籍のタイプ
画像型
ファイルサイズ
75.4MB
ページ数
247ページ
連載誌・レーベル
ビッグコミックスペリオール
関連タグ
青年コミック  /  SF  /  アクション  /  メカニック  /  ヒーロー  /  戦争  /  ビッグコミックスペリオール
平均評価
(5)
: 1件
: 0件
: 0件
: 0件
: 0件
ブクレポ
1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

機動戦士ガンダム サンダーボルト OFF
太田垣康男 OFF
矢立肇 OFF

内容紹介

人類が、増えすぎた人口を宇宙に移民させることで始まった「宇宙世紀」。
そして宇宙世紀0079年、地球から最も遠い宇宙都市・サイド3が「ジオン公国」を名乗り、地球連邦政府に対し独立を宣言。
戦争を挑んだ。
開戦から一年近くが経つ現在、大規模な戦争により破壊されたスペースコロニー(人工の大地)や戦艦の残骸が大量に舞う暗礁宙域・通称“サンダーボルト宙域”では、制宙権を握るジオン公国軍と、奪還を目指す地球連邦軍による激しい戦いが行われていた―――。
『MOONLIGHTMILE』でリアルな宇宙開発を舞台にロマンを描く太田垣康男が、自らのルーツである『機動戦士ガンダム』に挑戦!驚愕のメカ描写、太田垣流リアリズムを背景に激突する、蒼き主人公たちの躍動に注目を!!

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

関連商品

書籍一覧 > 機動戦士ガンダム サンダーボルト

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: halwar 投稿日:2012/11/17

遅すぎた傑作

MOONLIGHT-MILEという作品で有名らしい太田垣作品でのガンダムです。(自分はこの作品を先に知りましたが)

ガンダムという嘘前提のSF作品を題材にしながらも、そこにリアリティを持ち込むことによってうまく嘘を綺麗に描いています。子供向けのおおざっぱなガンダムから、大人向けの緻密なガンダムとして非常によく出来ているといえましょう。
ただし、表現の都合で既存の設定を少々覆さざるを得なかったりする点があるのが難点。また、実験・陽動部隊の話ということで他のマンガやゲームによる過去作品と被る部分が目だってしまっています。この作品がせめてあと10年前にあればなお良かったのに。
また、題名にもなっているサンダーボルト宙域の解釈自体は非常にありだと思うのですが、1stガンダムにおいてランバ・ラル隊の地球での雷に対する態度を考えると、サンダーボルトはもっと発生頻度が低いほうが良かったのではないかと思います。ただし、作中でのサンダーボルトの影響表現はうまいです。ガンダム世界での物理法則と噛み合った使い方をしていて非常に効果的。

ガンプラのパッケージのような表紙にピンと来た方ならまず買いでしょう。とくにロボットの作りとしてRGのような内部フレーム+外装という構造が好きな方であればなお良し。MSの損壊表現や試作、改修などのメカメカしく精密な具合の描写は見ごたえ抜群。

人間ドラマとしても、連邦・ジオンともに(おそらく両者のエースによる二人主人公制だと思われます)それぞれの事情やトラウマ、軍とのかかわりや戦う理由などがあり、今後の行く末が気になります。また単純に物語の結末のほうも、軍としての戦争の結果はすでに見えているものでありながらも、登場人物個々の行く末はまったくの不明ですので、この先どうまとめていくのかが気になります。

評価のほうは☆5としましたが、ちょっとした設定問題などの都合で、内部的には4.5超程度という感じで受け取ってください。パーフェクトにはちょっと欠けますが、ガンダムマンガとしては確実に見ごたえがあります。