pagetop

電子書籍 【割引版】歴史が面白くなる 東大のディープな世界史  2019/01/03まで割引中!

ほしい!に追加 twitter
電子書籍-【割引版】歴史が面白くなる 東大のディープな世界史
著者: 祝田秀全
会員価格 ¥324(税込)
OFF ¥756
定価 ¥1,080(税込)
BOOKFANポイント: 18 pt
or
Tポイント: 15 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
KADOKAWA / 中経出版
eBookJapan発売日
2013年07月19日
対応デバイス
Windows  /  Mac  /  iPhone  /  iPad  /  Android  /  ブラウザ楽読み
電子書籍のタイプ
リフロー型
ファイルサイズ
5.1MB
関連タグ
趣味・実用 教養・カルチャー  /  趣味・実用 学習参考書  /  KADOKAWA  /  KADOKAWA / 書籍  /  2017夏のビジネス・実用書フェア  /  2000タイトルフェア  /  サクッと実用書フェア  /  夏のビジネス実用書フェア  /  秋の雑学&教養本フェア  /  ビジネス実用書フェア
平均評価
(4)
: 0件
: 1件
: 0件
: 0件
: 0件
ブクレポ
1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

「ディープ」シリーズ OFF
祝田秀全 OFF

内容紹介

「ディープな日本史」に次ぐ世界史版!東大で実際に出題された問題を掲載し、テーマについても解説!世界史の問題は、語句に関する基本的な知識に加えて、広く深い「ディープ」な理解が求められます。
さらに、「諸地域間の接触・交流」や「世界の一体化」などのテーマが多く取り上げられているため、グローバル化の進む現代に生きる上でも持っておきたい一冊です。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

書籍一覧 > 「ディープ」シリーズ

ブクレポ (レビュー)

ニックネーム: ムーミン2号 投稿日:2013/07/09

レポに書いたことが現実化!?

昨年(2012年)の8月だから、既に1年近く前になるが『歴史が面白くなる 東大のディープな日本史』という本をレポートした際「姉妹編として西洋史編、東洋史編も出してもらえないだろうか。」などとうそぶいていたら本当に出版されちゃった。まぁ、まさか中経出版の方がブクレポを見て企画されたわけでもなかろうし、自然な流れで出来上がったものだろうが、実現した限りはレポートしようと張り切って読んでみた。

張り切ったはいいが、実は全く歯が立たなかった。いや、問題を解こうなんて大それた考えを持ったわけではない。先の『日本史編』では問われていることの意味はそこそこ分かるし解答も薄ボンヤリと「想像」できたのだが、今回は「何が問われているか」からしてさっぱり分からなかった。
ガリレオ=湯川学先生よろしくフレミングの左手の法則を顔面にかざして「さっぱり分からない」とつぶやいたところで奥さんの失笑を買うだけが関の山だが、なぜさっぱり分からないか、を考えてみた。
東大の世界史の問題で問われていることは、もちろん些末な暗記事項でもなく、ある一時代だけのエピソードを扱ったものではない。例えば次のよう、(ちょっと長くなるけど)

Q:輝かしい古代文明を建設したエジプトは、その後も連綿として5000年の歴史を営んできた。その歴史は豊かな国土を舞台とするものであるが、とりわけ近隣や遠方から到来して深い刻印を残した政治勢力と、これに対するエジプト側の主体的な対応との関わりを抜きにしては語ることができない。こうした事情に注意を向け、
(1) エジプトに到来した側の関心や、進出に至った背景
(2) 進出を受けたエジプト側がとった政策や行動
の両方の面を考えながら、エジプトが文明の発祥以来いかなる歴史的展開を遂げてきたかを、下記の8つの語句を必ず1回は用いた上で概観せよ(540字、問題文はちょっとだけ短縮)。
アクティウムの海戦 イスラム教 オスマン帝国 サラディン ナイル川

ナセル ナポレオン ムハンマド・アリー

こうなると教科書の章立てに合わせて暗記するくらいの勉強しかしていなかったワタシなどには手も足も出ない。こんな設問が成立するのか? と問う資格はワタシにはない。
問題が問うていること、求めていることを詳しく解説してくれている本書を分からないなりにも読んでいくと、歴史(特に世界史)を学ぶということは正にこういうことなんだな、と実感できてくる。
それは大学時代、同級生とも(たまには真面目に)話したことではあって、高校時代、ちょっと前に教科書で学んだことと今教科書で扱っていることが実はつながりがあって、そこにハタと気が付いた時こそ歴史が面白い! と思ったよね、なんて。ただ、そのつながり具合のグローバルさが、東大入試問題では半端ない、桁違いなだけである。

高校時代、日本史にしても世界史にしても中学校でもやったのに何でまた勉強するのか? なんて生意気に思っていたけども、こういう風に個々の歴史的事実だけでなく、当時の政治・経済がどう絡んでいるのか、ヨーロッパで起こったことが、アジア・アフリカにどう影響があったから日本では、中国では、エジプトではこんなことが起こったのか、などということが分かることが、高校での歴史授業の意義だったのかも知れない。先生方もそういう風に教えてくださったのかもしれないが、歴史を学ぶ本当の面白さを今になるまで十分には分かっていなかったのだなぁ、と思わされた。
高校生までは教師になることを将来の目標にしていたが、ならなくて良かったのかもしれない。ダイナミックな歴史の流れとそこから何を学ぶかを知っていた方が、授業展開は面白かっただろう。まぁ、教師を目指さなくなったのは別の理由からだけども。

この本は楽しい東京での滞在を終えて帰る前に立ち寄った本屋さんで偶然見つけた。
さすが、都会の本屋さんはいろんな本が並べられている。日本史編はこの世界史編より前に続巻が刊行されていたようだが、地元ではついぞ見かけなかったぞ。
たまには大都市に出かけて、本屋巡りをするのもいいかも知れないが、問題は旅費かな?
それと、何かのきっかけがないと行けないなぁ、なかなか。

なお、本書や「日本史編」でもAmazonなどのレビューには、解答例が正しくないとか、解説が片手落ちだ、とかいろいろ批判もあるようだ。世の中には詳しい人もいるもんだなぁ、と思ったが、ワタシは歴史を学ぶ面白さを教えてくれる本、と捉えている。
何が正解かは自分で調べてみるといい。それこそが学習だろう。じゃぁ、ムーミン2号は正解を探っていくのか・・・ムムム・・・さぁね。



<a href="index.php?module=ecsearch&action=plist&s1=%E9%9B%BB%E5%AD%90%E6%9B%B8%E7%B1%8D&s4=%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88"target="_parent">セット商品ならBOOKFANポイントが7%還元でオトク!</a>通常商品も6%還元 電子書籍ってなに? 電子書籍のはじめ方
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
電子書籍に自分だけのサインがもらえる!eBookサイン会情報はこちら!
特集一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ