pagetop

電子書籍 万能鑑定士Qの事件簿 XII

ほしい!に追加 twitter
電子書籍-万能鑑定士Qの事件簿 XII
著者: 松岡圭祐
定価 ¥540(税込)
BOOKFANポイント: 30 pt
or
Tポイント: 25 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
KADOKAWA / 角川書店
eBookJapan発売日
2013年04月12日
対応デバイス
Windows  /  Mac  /  iPhone  /  iPad  /  Android  /  ブラウザ楽読み
電子書籍のタイプ
リフロー型
ファイルサイズ
1.4MB
連載誌・レーベル
角川文庫
関連タグ
小説・文芸  /  角川文庫  /  小説・文芸 ミステリー  /  小説・文芸 推理  /  小説・文芸 サスペンス  /  KADOKAWA  /  KADOKAWA / 書籍  /  映像化フェア  /  THE・ベストフェア2018
平均評価
(3.5)
: 1件
: 0件
: 3件
: 0件
: 0件
ブクレポ
1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

「万能鑑定士Q」シリーズ OFF
松岡圭祐 OFF

内容紹介

「『太陽の塔』を鑑定してください!」万能鑑定士Qに前代未聞の依頼が持ちこまれた。
クライアントを追って大阪・吹田署の警部補が店に飛びこみ、牛込署の葉山も姿を現す。
解明の急がれる重大な謎――『太陽の塔』に秘密の抜け穴は存在するのか。
万博公園に赴いた凜田莉子を待っていたのは、正体不明の人物による鑑定能力への挑戦だった。
知性のシンデレラ・ストーリー、いまここにクライマックスを迎える。
Qの事件簿シリーズ第12弾!

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

書籍一覧 > 「万能鑑定士Q」シリーズ

ブクレポ (レビュー)

ニックネーム: まーち 投稿日:2012/04/14

ラストを飾る作品

シリーズ完結編です。今回は、大阪がおもな舞台になります。

万博公園の「太陽の塔」で、妻を拉致されたと訴える男性が、莉子さんの店に飛び込んできます。警察官や警備員たちと、すみからすみまで捜索しても見つからなかったので、莉子さんに、秘密の抜け穴を見つけてほしいというのです。警察は、夫の狂言ではないかと疑います。シリーズ最後にして最大の鑑定品の謎を、莉子さんはどう解き明かすのか・・・。

また、同時期に、太陽の塔の内部の展示品の盗難事件も発生します。女性の行方不明事件と関係があるのか・・・?

シリーズ最後の作品にふさわしく、過去の事件を振り返るような場面も登場します。結末はびっくりですが、ちょっと滑稽な感じもします。

それにしてもこの作品、思わせぶりな表紙に、完全にだまされました。

余談ですが、太陽の塔の内部には、生命の樹があったり、展示物があったりするなんて知らなかったので、高校時代に甲子園に行った帰りに、時間調整で立ち寄ったときに、中まで入らなかったことがとても悔やまれました。でも、あの当時に、内部を公開していたかは定かではありませんが。

ちなみに、次は「万能鑑定士Qの推理劇」シリーズになるようです。