pagetop

電子書籍 逆説の日本史 15近世改革編/官僚政治と吉宗の謎

ほしい!に追加 twitter
電子書籍-逆説の日本史 15近世改革編/官僚政治と吉宗の謎
著者: 井沢元彦
定価 ¥702(税込)
BOOKFANポイント: 39 pt
or
Tポイント: 32 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
小学館/文芸
eBookJapan発売日
2012年12月28日
対応デバイス
Windows  /  Mac  /  iPhone  /  iPad  /  Android  /  ブラウザ楽読み
電子書籍のタイプ
リフロー型
ファイルサイズ
4.4MB
連載誌・レーベル
小学館eBooks
関連タグ
小説・文芸  /  小説・文芸 エッセイ・随筆  /  小説・文芸 社会・ノンフィクション  /  小説・文芸 評論  /  小説・文芸 時代・歴史  /  小学館eBooks
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

逆説の日本史 OFF
井沢元彦 OFF

内容紹介

8代将軍吉宗は名君に非ず!日本史の常識を覆す全日本人必読の新・日本史!『週刊ポスト』連載の大好評歴史ノンフィクション第15弾!本巻の主役は、御三家紀州徳川家から江戸幕府第8代将軍となった徳川吉宗。
目安箱の設置、大岡忠相の登用など歴代将軍随一の名君と称される吉宗だが、その一方で、「政治家としての最大の欠点は、生きた経済というものがまるでわかっていない」という問題を抱えていた。
吉宗の経済政策失敗の背景にある「商業軽視」という徳川政権の根本的課題に斬りこみ、積極的な経済政策で繁栄する名古屋藩藩主徳川宗春との対決の真相を解き明かす。
さらに、「賄賂政治」を行なったとして悪名高い田沼意次の再評価に挑む。
本当に彼は非難されるべき政治家だったのか?田沼を失脚させて政権を握った松平定信(吉宗の孫)の寛政の改革は誰のための政治だったのか?幕府という巨大組織の権力闘争の内幕に迫る。
歴史の常識といわれている事柄がいかに空疎なものかを暴く著者渾身の一冊!目次第1章六代将軍家宣の新政編第2章八代将軍吉宗の支配編第3章将軍吉宗vs尾張宗春編第4章田沼意次vs松平定信編年表※お使いの端末によっては、図の一部が読みづらい場合がございます。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

書籍一覧 > 逆説の日本史