pagetop

電子書籍 【割引版】ナナマル サンバツ (2)  2017/11/23まで割引中!

ほしい!に追加 twitter
電子書籍-【割引版】ナナマル サンバツ (2)
著者: 杉基イクラ
会員価格 ¥302(税込)
OFF ¥302
定価 ¥604(税込)
BOOKFANポイント: 16 pt
or
Tポイント: 14 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
KADOKAWA / 角川書店
eBookJapan発売日
2011年10月18日
対応デバイス
Windows  /  Mac  /  iPhone  /  iPad  /  Android  /  ブラウザ楽読み
電子書籍のタイプ
画像型
ファイルサイズ
27.2MB
ページ数
179ページ
連載誌・レーベル
角川コミックス・エース
関連タグ
少年コミック  /  ラブコメ  /  ギャグ・コメディー  /  学園  /  角川コミックス・エース  /  KADOKAWA  /  KADOKAWA / マンガ  /  【ニコカド祭り第4弾】
平均評価
(3)
: 0件
: 0件
: 2件
: 0件
: 0件
ブクレポ
2件

新刊お知らせ登録一覧へ »

ナナマル サンバツ OFF
杉基イクラ OFF

内容紹介

4校合同の新歓クイズ大会は第2ラウンド「早押しボード」へ!だが、識は定番問題の存在を知り、競技クイズのあり方に疑問を持ってしまう。
識の秘められた才能は開花できるのか!?話題沸騰の競技クイズ物語!

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

関連商品

書籍一覧 > ナナマル サンバツ

ブクレポ (レビュー)

ニックネーム: ランピアン 投稿日:2012/01/11

識っているだけでは勝てない

本の虫で気弱な文蔵高校の一年生、越山識が競技クイズに挑む「クイズ漫画」第二巻。美少女深見真理の強引な勧誘に負け、前巻後半で(心ならずも)初のクイズ大会にエントリーした識だが、本番では居並ぶ強豪を相手に苦境に立たされる。答がわかっていながら、早押しのタイムの差で解答権を得られないのだ。高校一年生としては度外れた知識を持つ識だが、問題文の構造に潜むクイズ特有の論理をマスターしなければ勝利できないこと、つまり「答を識っているだけでは勝てない」ことに、やっと気付くのだった…。

晩熟な識とヒロイン真理との恋の成り行き云々は、木石である私の任ではないから措く。私は第一巻のレポで、「クイズはその性質上、本番以前の段階で半ば勝負が決してしまっている(知識量の差が物を言うから)ため、スポ根マンガのようなノリで話を盛り上げるのは難しいはず。作者が今後このストーリーをどう展開させていくのか、非常に興味がある。」と書いたのだが、第二巻でどうやら物語の核は見えてきた。それはスポ根マンガにおける一つの定型、「図抜けた潜在能力を秘めた主人公が、その競技特有の技術を持たないがために好敵手たちに苦戦するが、やがてそれを身に付けて成長していく」という構図である。

例えは古いが、喧嘩では無敵の素人矢吹丈がプロボクサー力石徹に殴り倒される、或いは独学でボクシングを学んだ天才堀口元気が幼時から正規のトレーニングを積んだ火山尊に半殺しにされる、といったところであろうか。本巻後半では、問題文の構造についてのちょっとしたレクチャーがあるが、私自身こんなことも知らずにクイズをやっていたのかと、ちょっと反省。

余談ではあるが、せっかく検定やクイズが流行している昨今、これを勉強嫌いの子供たちを知の世界へ誘導するツールにできないだろうかと、ふと思うことがある。読書はできなくとも、その本質においてスポーツであるクイズなら興味を覚える子がいるのではないか。邪道かもしれないが、知識=力という事実を覚ることが、知の世界への踏み込む有力な手がかりではあるからだ。格差社会の進展が言われる中、競技クイズを有名進学校の生徒に独占させておく手はないと思う。

クイズのための暗記ではなく、読書によって得た「真物」の知識を豊富に持つ主人公が、技巧に勝る好敵手たちをいかに凌ぐか。次巻の展開やいかに。

ニックネーム: 悠 投稿日:2011/08/26

やっぱりおもしろい。 ス…

やっぱりおもしろい。

ストーリーの盛り上がりが絶妙です。

クイズを題材にした話しを書けと言われても、こういった興味を引く内容にするのは

なかなか難しいのではないでしょうか。

わかりやすく、入り込みやすい。これ、大事です。

最後が凄く気になる終わり方だったので、期待を込めに込めて星3つにしました。