pagetop

本 親鸞に導かれて こころの安まるノート

ほしい!に追加 twitter
本-親鸞に導かれて こころの安まるノート
著者: 常本慈照 (著)
定価 ¥1,296(税込)
BOOKFANポイント: 60 pt
or
Tポイント: 36 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 悠々社
発行年月 2000年 11月
ISBNコード 9784946406683
版型 --
ページ数 207P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

常本慈照 OFF

内容紹介

一心に働き、一心に生きる。
なにごとも如来のおんはからいである。
僧侶として、公務員として、教師として、親鸞とともに歩んできた90年。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

死ぬも生きるもなに変わろ―「生死すなわち涅槃なり」/一心一向に生きること―「諸障自然にのぞこりぬ」/西田幾多郎先生との出逢い―「自他相忘れ、主客相没する」/竜安寺の石庭―連帯と孤独/堂本印象画伯―一期一会/具象と抽象―一つの行信論/一心に働くばかり―「老若男女をえらばれず」/吉川英治の求道―「花なけれどもむつましきかな」/石仏とその守護―国東半島/お地蔵さま―「地獄、餓鬼、畜生、修羅、人、天」〔ほか〕

著者情報

常本 慈照
1911年(明治44年)北海道に生まれる。大谷大学文学部卒業。真宗大谷派本願寺教学部長を経て北海道庁に入り、青少年対策室長、学事課長、留萌支庁長、自治研修所講師等を歴任。北海道武蔵女子短期大学教授に転じ、同大学を退職後も2000年まで朝日カルチャーセンターで親鸞に関する講座を担当したほか、公務員研修や仏教講話を続けている。著書に『生と死の哲学』(1975年、みやま書房)。『目をつぶって見てこい』(1978年、全国加除法令出版)。『生きざまの哲学』(1982年、みやま書房)。『われ一度きりの旅を行く』(1985年、立花書房)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ