pagetop

本 正義の労働運動ふたたび 労働運動要論

ほしい!に追加 twitter
本-正義の労働運動ふたたび 労働運動要論
著者: 要宏輝 (著)
定価 ¥1,944(税込)
BOOKFANポイント: 90 pt
or
Tポイント: 54 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
アットワークス
発行年月
2007年 10月
ISBNコード
9784939042324
版型
--
ページ数
238P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

要宏輝 OFF

目次

第1章 連帯をつむぐ―労働運動の可能性(究極のコストパフォーマンス「雇用のない経営」―拡がる「労働法のない世界」/新しい低賃金・非典型労働/最賃までデフレにされてたまるか―最低賃金闘争の現状と課題/情報権・協議権・参加権のある産業民主主義―民間における労使協議制度の展開と可能性/日本の「労働特区」=外国人研修・実習制度―中国人研修生・技能実習生の雇用管理の実態と課題/政治の扉をたたき、政策の窓をひらく―ホームレス自立支援法の成立に向けて/ニュージーランドの「市場化」実験と労使関係法の変遷―「人の市場化」―人間の尊厳に対する実験は慎重にあるべきだった)/第2章 労働運動の躍動と頂上―「西高東低型」春闘、ゼネストと労働者自主管理(産業合理化の嵐に抗する労働運動―「西高東低型」春闘・倒産争議・刑事弾圧)/田中機械の自主管理闘争/人間の尊厳を実体化しうる社会的営み―書評『日本の労働者自主管理』から/第3章 労働運動の砦・労働委員会(これでいいのか、地労委―その実践と闘い/顕在化しつつある懸念と問題―労働組合法・労働委員会規則改正後の不当労働行為事件審査の展開/「却下決定」という名の不作為の罪―大阪府労働委員会「中曽根元首相不当労働行為事件」)

著者情報

要 宏輝
1944年香川県生まれ。1967年横浜市立大学卒業。1967年総評全国金属労働組合大阪地方本部書記局入局、1991年書記長。1989年産別合併(第一次)=全国金属機械労働組合結成で、同大阪地方本部書記長。1999年産別合併(第二次)=JAM結成で連合大阪副会長(専従)。1993~2003年大阪地方最賃審議会委員。1999年~現在、大阪府労働委員会労働者委員、連合大阪なんでも相談センター相談員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
コミック全巻セットはこちら★
特集一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ