pagetop

本 ねずみ花火 童話集

ほしい!に追加 twitter
本-ねずみ花火 童話集
著者: 柴野民三 (著)
茂田井武 (画)
定価 ¥1,512(税込)
BOOKFANポイント: 70 pt
or
Tポイント: 42 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 ビリケン出版
発行年月 2008年 11月
ISBNコード 9784939029486
版型 --
ページ数 201P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

柴野民三 OFF
茂田井武 OFF

著者情報

柴野 民三
児童文学者、詩人。1909年、東京有楽町生まれ。少年期より「赤い鳥」「童話」などの雑誌に投稿。錦城中等学校、正則英語学校に学ぶ。1929年、大橋図書館に勤務、児童図書室を担当。北原白秋に師事し、童謡誌「乳樹」(のちに「チチノキ」)の同人となる。1935年、童謡誌「童魚」を発行。1937年、大橋図書館を退館、小川未明主宰の雑誌「お話の木」の創刊、編集に携わる。1939年、「童話精神」を創刊。1942年より、本格的な作家生活に入る。1947年、新子供社を設立。児童文芸雑誌「こどもペン」を発行。1949年、初の童話集である『ねずみ花火』(新子供社)を出版。以後、『コロのぼうけん』(金の星社)、『ひまわり川の大くじら』(岩崎書店)、『馬にのったかみなり』(さ・え・ら書房)などのほか、民話・再話本なども多くある。戦前戦後、童話・童謡の発展に尽力した。1961年、小林純一、清水たみ子とともに作詩した「東京のうた」で第一六回芸術祭奨励賞を受賞。1976年、童謡集「かまきりおばさん」(国土社)で第六回赤い鳥文学賞を受賞。1992年、逝去
茂田井 武
画家。1908年、東京日本橋生まれ。赤坂中学校卒業後、太平洋画会研究所や川端画学校、さらに本郷絵画研究所で学ぶ。そのかたわら、アテネフランセに通学。さまざまな職業を経た後、1935年、青年誌「新青年」(博文館)に横溝正史「かひやぐら物語」の挿画を描き、初めての画料を得、以後、小栗虫太郎「二十世紀鉄仮面」などの挿画を描く。1941年、児童向けの絵本『ナニナニ絵本』(博文館)を出版、以後、戦後の児童向け雑誌の黄金期に、おびただしい数の装丁・挿画を残す。1946年、日本童画会入会。1948年、『長篇漫画物語 三百六十五日の珍旅行』(講談社)出版。1954年、「キンダーブック」(フレーベル館)に発表の作品で小学館児童文化賞受賞。1956年、逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ