pagetop

本 たったひとりのクレオール 聴覚障害児教育における言語論と障害認識

ほしい!に追加 twitter
本-たったひとりのクレオール 聴覚障害児教育における言語論と障害認識
著者: 上農正剛 (著)
定価 ¥2,916(税込)
BOOKFANポイント: 135 pt
or
Tポイント: 81 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 ポット出版
発行年月 2003年 10月
ISBNコード 9784939015557
版型 --
ページ数 505P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

上農正剛 OFF

内容紹介

聴覚障害児教育の主流であり続けた「聴覚口話法」がもたらしたものは何だったのか。
聞こえない子どもたちの言語力、学力、アイデンティティを根底から問い直し、新たなる学力論、障害認識論、リテラシー論。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

序章 たったひとりのクレオール―はじまりの問い/第1章 インテグレーション再考(インテグレーションの現状と課題/難聴児の自己形成方略―インテグレーションの「成功例」とは何だったのか ほか)/第2章 学習論(聞こえない子どもたちは何のために勉強するのか/聴覚障害児の学習とことば ほか)/第3章 障害認識論(障害「受容」から障害「認識」へ/聴覚障害児教育における障害認識とアイデンティティ ほか)/第4章 リテラシー論(リテラシー問題を議論する際の前提条件/聴覚障害児教育における言語観と学力問題)/終章 障害認識論とヒルバーグ的立場―どうして私たちはそんなことをしたのでしょう

著者情報

上農 正剛
1954年熊本市生まれ。早稲田大学文学部卒業後、聞こえない子どもの個人指導(学習・言語指導)に一七年間携わる。この間に、聴覚障害児を持つ母親を対象に「難聴児学習問題研究会」を主宰。トータルコミュニケーション研究会運営委員、「ろう教育を考える全国討論集会」共同研究者を務めるほか、近年は、障害認識論とリテラシー論についての講演多数。1999年より九州保健福祉大学保健科学部言語聴覚療法学科専任講師

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ