pagetop

本 生きている温泉とは何か 身体にやさしい生体に近い水を検証する

ほしい!に追加 twitter
本-生きている温泉とは何か 身体にやさしい生体に近い水を検証する
著者: 大河内正一 (著)
定価 ¥1,080(税込)
BOOKFANポイント: 50 pt
or
Tポイント: 30 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 くまざさ出版社
発行年月 2003年 11月
ISBNコード 9784938546366
版型 --
ページ数 75P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

大河内正一 OFF

内容紹介

ORPを用いた新たな水の評価法を知ることにより、“生きている温泉とは何か”、そして“生体に近い水とは何か”の答えが明らかになる。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

序章 いま温泉の真の姿が問われている/第1章 ORPで温泉を調べる―温泉と皮膚のエージング評価(海も温泉?/温泉の本質とは? ほか)/第2章 生理学的に効能が明らかな温泉―炭酸泉について(炭酸泉の明らかな効果/炭酸泉のORPを測定する ほか)/第3章 生体に近い水―“生体水”について(新たな考えによる水、“生体水”について考える/生体関連の水のORPを測定する ほか)/第4章 “生体水”および温泉源泉の特性を持つ水の製造―新しい水(機能を持った新しい水への挑戦/“生体水”および人工温泉水製造装置 ほか)

著者情報

大河内 正一
1949年生まれ。1976年法政大学大学院工学研究科修士課程終了。同年法政大学助手を経て、現在法政大学工学部物質化学科教授(工学博士)。専門は水科学の研究で、“水”の分子・原子レベルの基礎研究から、食品、飲料水、アルコールの熟成に係わる水、さらに血液や尿などの体内の水や温泉水について、応用も含めて幅広く“水”に関する研究を行っている。具体的な応用研究では、我々の生体に類似した水として、“生体水”を提案し、それらの水が人工温泉水や食品および飲料水、さらにはスキンケアなどの水として広く応用可能であることを提案している。また、燃料電池と組み合わせた21世紀期待の人工炭酸泉システムの開発を検討しているところである

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

薬がみえる vol.3

医療情報科学研究所(編集)


伝道の法 人生の「真実」に目覚める時

大川隆法(著)


天文年鑑 2017年版

天文年鑑編集委員会(編)


ランキング一覧へ