pagetop

本 ブラックバード・シンギング ポール・マッカートニー詩集・詞集1965-1999

ほしい!に追加 twitter
本-ブラックバード・シンギング ポール・マッカートニー詩集・詞集1965-1999
著者: ポール・マッカートニー (著)
サイモン・プレンティス (訳)
定価 ¥3,780(税込)
BOOKFANポイント: 175 pt
or
Tポイント: 105 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 プロデュース・センター出版局
シリーズ名 ポール・マッカートニー詩集・詞集1965
発行年月 2001年 09月
ISBNコード 9784938456566
版型 --
ページ数 351P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

ポール・マッカートニー OFF
サイモン・プレンティス OFF

内容紹介

ポール・マッカートニー初の詩と詞の作品集。
ポールが日本語版のために語ったコメントを収録。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

1 プレイング・アット・ホーム/2 イエスタデイ/3 フレンズ・アンド・エナミーズ/4 ザ・ビジネス/5 ザ・ワールド・トゥナイト/6 オール・ザ・ロンリー・ピープル/7 スタンディング・ストーン/8 ホーム・トゥ・ラブ/9 ノヴァ

著者情報

ポール・マッカートニー
1942年、リバプールに生まれ育つ。リバプール・インスティチュート(中・高等学校)在学中には音楽より英文学の授業で好成績をおさめたといわれている。1962年にレコード・デビューしたビートルズのひとりとして、ジョン・レノンとともに20世紀で最も有名とも言える数々の名曲、‘A Day in the Life’‘Hey Jude’‘Let It Be’‘Eleanor Rigby’‘Yesterday’‘For No One’などを作詞作曲した。1970年、ビートルズ解散後にはバンド「ウィングス」を結成、またソロとしても活躍し、ビートルズ時代にも劣らない名曲の数々‘Band on the Run’‘Venus and Mars’‘My Love’‘Maybe I’m Amazed’などを発表しつづけた。1990年代以降はクラシック音楽にも取り組み、“THE LIVERPOOL ORATORIO”“STANDING STONE”“WORKING CLASSICAL”を発表、成功をおさめる。リバプール市特別市民、芸術大学LIPA(リバプール・インスティチュート・フォー・パフォーミング・アーツ)の代表後援者、ロイヤル・カレッジ・オブ・ミュージックならびにブリティッシュ・アカデミー・オブ・コンポーザーズ&ソングライターズの会員でもある。1996年には音楽界における功績を認められサーの称号を与えられた

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ