pagetop

本 教育人間学の根本問題

ほしい!に追加 twitter
本-教育人間学の根本問題
著者: 下程勇吉 (著)
教育人間学研究会 (著)
定価 ¥5,184(税込)
BOOKFANポイント: 240 pt
or
Tポイント: 144 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 燈影舍
発行年月 2000年 05月
ISBNコード 9784924520561
版型 --
ページ数 --
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

下程勇吉 OFF
教育人間学研究会 OFF

内容紹介

本書は、1998年死去した下程勇吉のドイツ版『教育人間学の三原理』を訳文を添えて紹介、それに門下生の論文を加えて編集したもの。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 教育人間学の三原理(代理不可能性の原理の人間学的構造/現実性の原理/離接性の教育人間学的構造)/第2部 教育人間学的論攷(デューイの人間観と社会観/ケルシェンシュタイナーの教育者論/下程勇吉の二宮尊徳研究/「人生科」教育の可能性/現代青少年の生活意識 ほか)

著者情報

下程 勇吉
明治37年10月6日広島県安佐郡戸山村にて下程直太郎の長男として誕生。大正13年3月広島県立第一中学校卒業。昭和2年3月広島高等学校(文科乙類)卒業。昭和5年3月京都帝国大学文学部(哲学科)卒業。昭和5年5月大阪府立市岡中学校教諭(至昭和9年6月)。昭和5年6月京都帝国大学文学部(哲学科)大学院入学。昭和10年5月同大学院退学。昭和11年4月京都府立医科大学予科教授。昭和22年2月文学博士(京都大学)。昭和22年6月京都大学文学部助教授。昭和23年8月京都大学文学部教授(教育学講座)。昭和26年5月京都大学教育学部教授。昭和26年6月同教育学部長(至昭和29年3月末日)。昭和43年3月停年退官。昭和43年4月同名誉教授。昭和43年4月松蔭女子大学学長(至45年3月)。昭和44年5月大阪市教育委員・教育委員長(至昭和48年11月)。昭和45年4月四天王寺女子大学教授(至昭和48年10月)。昭和47年4月財団法人モラロジー研究所研究部嘱託。昭和49年4月同顧問。平成3年4月財団法人モラロジー研究所顧問(至平成10年3月17日)。平成10年3月17日永眠。享年九十三歳

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ