pagetop

本 ヨーロッパ美術における死の表現 中世民衆の文化遺産「死の舞踏」

ほしい!に追加 twitter
本-ヨーロッパ美術における死の表現 中世民衆の文化遺産「死の舞踏」
著者: 海津忠雄 (著)
定価 ¥702(税込)
BOOKFANポイント: 32 pt
or
Tポイント: 19 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
川崎市生涯学習振興事業団かわさき市民アカデミー出版部
シリーズ名
かわさき市民アカデミー講座ブックレット No.8
発行年月
2002年 03月
ISBNコード
9784916092472
版型
--
ページ数
98P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

海津忠雄 OFF

目次

ピーサの壁画『死の勝利』/三人の生者と三人の死者の説話/「死の舞踏」の起源/「バーゼルの死」といわれた壁画/デューラーにおける死の像/デューラー時代の死の表現/ホルバインの『死の舞踏』/資料=死と人間の対話 バーゼルの死

著者情報

海津 忠雄
1930年東京で生まれる。1955年慶応義塾大学文学部卒業。1960年同大学大学院博士課程修了。美学・西洋美術史専攻。1965‐66年バーゼル大学に留学。慶応義塾大学教授、東亜大学大学院教授を歴任。慶応義塾大学名誉教授。文学博士

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
コミック全巻セットはこちら★
特集一覧へ