pagetop

本 基盤としての情動 フラクタル感情論理の構想

ほしい!に追加 twitter
本-基盤としての情動 フラクタル感情論理の構想
著者: ルック・チオンピ (著)
山岸洋 (訳)
定価 ¥5,400(税込)
BOOKFANポイント: 250 pt
or
Tポイント: 150 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 学樹書院
発行年月 2005年 07月
ISBNコード 9784906502295
版型 --
ページ数 407P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

ルック・チオンピ OFF
山岸洋 OFF

内容紹介

感情論理の発表から20余年を経て、大胆な構想のもとに結実した精神の科学の新たなパラダイム。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 理論的基盤(認識論的な出発点―不可避的に制約されている地平/感情論理の基本概念。その根本公理、生物学的基盤、定義、現象について/認知機能の基本的オペレイターとしての感情/フラクタル感情論理―心のカオス論的理解)/第2部 フラクタル感情論理の諸相。さまざまな例(感情・認知「レール」と感情・認知「固有世界」の発生について/精神病理学―病的な感情認知的「狂い」について/集団のフラクタル感情論理)/第3部 理論面および実践面への帰結(他の構想との理論的な関連および相違/応用へ向けて―可能性とリスク/フラクタル感情論理の人間像、そしてそこから導き出される倫理的帰結について―あるいは、「感情とともに思考する」こと)

著者情報

ルック・チオンピ
1929年イタリアに生まれる。1963年よりローザンヌ大学病院社会精神医学部門の発展に貢献するとともに、ローザンヌ研究と呼ばれる有名な統合失調症長期予後調査を遂行した。1977年から1994年までベルン大学社会精神医学教室主任教授。1982年出版の『感情論理』により科学基礎論や構造主義を駆使した多元的な人間論を展開する精神病理学者として各界からの注目を集めた。1984年、先端研究プロジェクトとして統合失調症患者の治療のための共同生活施設「ソテリア・ベルン」を創設した。ベルン大学退官の後、ウィーン近くのアルテンベルクにあるコンラート・ローレンツ(進化・認知)研究所に客員教授として招かれ本書『基盤としての情動』を執筆した。これにより、感情論理の構想は、精神病理学の領域を超えて、相対的構成主義、神経科学、システム論、カオス論を支柱とする大規模な思想体系へと発展している
山岸 洋
1958年生まれ。1984年京都大学医学部卒業。現在、財団法人田府興風会医学研究所北野病院神経精神科部長、京都大学医学部附属病院臨床教授(精神医学)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ