pagetop

本 プーシキンとの散歩

ほしい!に追加 twitter
本-プーシキンとの散歩
著者: アンドレイ・シニャーフスキイ (著)
島田陽 (訳)
定価 ¥2,160(税込)
BOOKFANポイント: 100 pt
or
Tポイント: 60 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
群像社
シリーズ名
ロシア作家案内シリーズ 1
発行年月
2001年 06月
ISBNコード
9784905821076
版型
--
ページ数
237P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

アンドレイ・シニャーフスキイ OFF
島田陽 OFF

内容紹介

ロシア文学の原点は軽さだった!プーシキンはロシアの偉大な国民的詩人?いいえ、プーシキンの魅力の秘密は軽さです。
女や恋にたわむれて、夢と予兆を友として、皇帝さえもものともせず、アフリカの血を誇りとした詩人からロシアの文学は始まったのです。
プーシキンのイメージを塗り替えた名散文家のエッセイ。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

プーシキンは偉大なのだろうか/軽さこそがプーシキンの第一のもの/この軽薄さは女を抜きにはありえない/プーシキンのエロティシズムの本性は…/プーシキンは夢や予兆を信じた/自由の君臨と共に一切は可能になった/決闘での死はプーシキンにふさわしかった/プーシキンにはあらゆるテーマが女同様近づきやすかった/空虚がプーシキンの内容物/死体の登場はテクストにエネルギーをもたらす〔ほか〕

著者情報

アンドレイ・シニャーフスキイ
旧ソ連の作家・批評家。1925年にモスクワで生まれ、97年に亡命先のパリで死去。文芸誌『ノーヴイ・ミール』の批評家として注目されたが「社会主義リアリズムとはなにか」など当時の社会主義体制に反するエッセイや小説を書いたために65年に逮捕され収容所生活を送る。釈放後はパリに亡命し、その後発表された『プーシキンとの散歩』は作家ソルジェニーツィンらの反発を呼びロシア国内外の知識人を巻き込む激しい論争となるほどの衝撃を与えた
島田 陽
ロシア文学。現在、共同作業によるプラトーノフ作品集の刊行準備をすすめている。東京国際大学国際関係学部教授

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ
ジャンルランキング

小説・エッセイのランキング

とるとだす

畠中恵(著)


ホイッパーウィル川の伝説

キャシー・アッペルト(著)


月が導く異世界道中 12

あずみ圭(著)


ランキング一覧へ