pagetop

本 リテンション・クライシス 会社から人材がいなくなる!

ほしい!に追加 twitter
本-リテンション・クライシス 会社から人材がいなくなる!
著者: 宇佐見英司 (著)
定価 ¥1,620(税込)
BOOKFANポイント: 75 pt
or
Tポイント: 45 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 ファーストプレス
発行年月 2009年 01月
ISBNコード 9784904336229
版型 --
ページ数 230P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

宇佐見英司 OFF

内容紹介

人事の真の課題は、グローバルで普遍的なテーマだ。
変化しつづける経営環境を支える人事報酬制度を柔軟でフレッシュな発想で構築していく必要がある。
そのためには、世界中の異なる考え方、ポリシー、方法論を知り、発想の枠を広げ、新しいものの見方を手に入れなければならない。
現場から生まれた斬新な人材マネジメント。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 頭をもたげてきたリテンション・クライシス/第2章 市場ベースで報酬制度を考える/第3章 事業戦略と一体化した強力なインセンティブ/第4章 エクイティ報酬の活用法/第5章 経営者報酬/第6章 正のスパイラルを生み出すパフォーマンス・マネジメント/第7章 リテンション・クライシスに打ち勝つ人事戦略/第8章 真にグローバルな人事課題

著者情報

宇佐見 英司
富士通コンサルティングHRマネジャー。1996年、上智大学外国語学部英語学科卒業。富士通株式会社で国際人事業務全般を担当した後、1998年カリフォルニア州シリコンバレーへ出向。富士通がその前年100%買収したアムダール社で、報酬制度を中心とした人事業務を担当。2000年、米公認会計士資格(CPA)取得。2001年、米報酬制度認定士(CCP)取得。2002年に一度東京勤務に戻るが、2003年10月より再び渡米し、やはり富士通が買収した、米ITコンサルティング会社DMR社を母体とする富士通コンサルティング社にて、人事報酬制度、人事戦略業務全般に従事。2004年度には慢性的な赤字状態からの劇的なV字回復を人事戦略面から支え、2005年度以降は次なる成長戦略の柱としての連続企業買収にデューデリジェンスから人事制度統合まで関与。ニューヨーク在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ