pagetop

本 仏教思想の奔流 インドから中国・東南アジアへ

ほしい!に追加 twitter
本-仏教思想の奔流 インドから中国・東南アジアへ
著者: 京都光華女子大学真宗文化研究所 (編)
早島理 (著)
定価 ¥2,700(税込)
BOOKFANポイント: 125 pt
or
Tポイント: 75 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 自照社出版
シリーズ名 光華選書 4
発行年月 2007年 03月
ISBNコード 9784903858050
版型 --
ページ数 328P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

京都光華女子大学真宗文化研究所 OFF
早島理 OFF

内容紹介

誰もが仏に成れることをめざした大乗の菩薩道―。
仏教が普遍の教えへと大きな流れをつくった大乗の大論師・龍樹と弥勒・無著・世親らの「唯識説」「阿頼耶識説」の瑜伽行唯識学派を詳説。
その教えが三蔵によって中国へ伝来し、中国仏教の初期過程と中国思想に仏教が浸透していく様相を語る。
さらに大乗仏教に対峙する上座部仏教の南方諸国の現況をも報告。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

大乗仏教の人間観―瑜伽行唯識学派を中心に(大乗仏教運動の興り/大乗仏教が興った歴史・地理的背景/大乗仏教運動の嚆矢・龍樹/二諦の構造に依る『中論』/中観学派から唯識学派への流れと系譜/瑜伽行唯識学派の流れ/三つの柱からなうる初期の瑜伽行唯識学派の思想/「識論」から人間を捉える/三性説によって識のはたらきを解明/瑜伽行学派の修行階悌)/仏教の伝来と受容―中国仏教の成立(中国に仏教が伝来した初期の状況/中国仏教の大まかな流れ/仏教を受容する初期の段階/中国が真の仏教を受容するに至る様々な要因/羅什の弟子たちによって深まる仏教理解/三武一宗の法難による復興と衰退/四度の法難を乗り越えて)/上座部仏教の成立から現代の南方仏教(仏教の流れ/上座部の教理と修道/世界の上座部仏教/サンガの構造と生活/南方上座部仏教の課題と活動)

著者情報

早島 理
1946年北海道に生まれる。京都大学大学院博士課程満期退学。滋賀医科大学医学部医学科教授。博士(文学)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

薬がみえる vol.3

医療情報科学研究所(編集)


伝道の法 人生の「真実」に目覚める時

大川隆法(著)


天文年鑑 2017年版

天文年鑑編集委員会(編)


ランキング一覧へ