pagetop

本 明治国家と雅楽 伝統の近代化/国楽の創成

ほしい!に追加 twitter
本-明治国家と雅楽 伝統の近代化/国楽の創成
著者: 塚原康子 (著)
定価 ¥5,616(税込)
BOOKFANポイント: 260 pt
or
Tポイント: 156 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 有志舎
発行年月 2009年 12月
ISBNコード 9784903426297
版型 --
ページ数 243,21P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

塚原康子 OFF

内容紹介

明治国家は、国内では宮廷や軍隊・学校で行われる儀礼を荘厳し、国際的には近代国家・日本を表象する重要アイテムとして、早くから音楽に注目した。
そして、その重要な一端を担ったのが、長い伝統をもつ雅楽とその演奏者(楽師)たちであった。
旧来の雅楽伝承制度は改革され、楽師たちは西洋音楽を兼修し、近代歌謡をも創出していく。
近代国民国家の要請に翻弄されながらも、職業的音楽集団としての矜持をつらぬいた彼らの姿を通して、近代日本音楽の創成期を新たな角度から描き出す。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

序章 明治国家における雅楽の位相/第1章 幕末の宮中行事における雅楽/第2章 近代雅楽の創始―明治三年雅楽局設置前後/第3章 幕末維新期の雅楽再編/第4章 近代日本の皇室葬祭と音楽/第5章 明治前期の新しい音楽表現―讃美歌・保育唱歌・唱歌・軍歌/第6章 雅楽伶人の新しい音楽活動―明治十一年の式部寮雅楽課/第7章 近代日本における雅楽音階と儀礼曲・儀式唱歌/第8章 近代雅楽の分岐点―明治三十年の宮内省式部職雅楽部/終章 明治後期から大正・昭和期の宮内省式部職楽部

著者情報

塚原 康子
1957年生まれ。東京芸術大学大学院音楽研究科博士後期課程修了。現在、東京芸術大学音楽学部楽理科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ