pagetop

本 文化としての農業 文明としての食料

ほしい!に追加 twitter
本-文化としての農業 文明としての食料
著者: 末原達郎 (著)
定価 ¥3,024(税込)
BOOKFANポイント: 140 pt
or
Tポイント: 84 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 人文書館
発行年月 2009年 07月
ISBNコード 9784903174228
版型 --
ページ数 269P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

末原達郎 OFF

内容紹介

日本農業の現実は厳しい。
いったい、美しい農村とは何か。
日本のムラを、地域社会を、どうするのか。
減反政策問題や食料自給率、食の安全の見直しを、どうするのか。
緊要な課題としての農業再生を考える!第一線の生物資源経済学者による清新な農業文化論。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

文化としての農業と地域社会/第1部 日本の農業と地域社会の変容(日本のムラにおける環境認識の変遷/村の祭りとその変貌/けんか祭りと岩瀬もん―地域社会はいかに出現するか/農村地域における文化装置とツーリズム/富山の焼畑農業/有賀喜左衛門と石神村の変容)/第2部 文化としての農業、文明としての食料(「美しい農村」とは何か/文明としての食料生産/ブラシカ(アブラナ属)から見る世界/「城壁のない都市」京都の都市農業)/第3部 日本のアフリカ研究(アフリカ農業・農学研究の歴史と現在/アフリカ地域研究の変容と今後の可能性/腕輪の貨幣―コンゴ東部農耕民社会における腕輪、食べ物、家畜)/文明としての農業と食料の未来

著者情報

末原 達郎
1951(昭和26)年生まれ。京都大学農学部卒。京都大学大学院農学研究科博士課程研究指導認定。農学博士(京都大学)。富山大学、龍谷大学を経て、2004年より京都大学大学院農学研究科教授。生物資源経済学・農学原論専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ