pagetop

本 胡蝶奮戦 スターたちと過ごした日々

ほしい!に追加 twitter
本-胡蝶奮戦 スターたちと過ごした日々
著者: 高千穂ひづる (著)
藤井秀男 (編)
定価 ¥1,944(税込)
BOOKFANポイント: 90 pt
or
Tポイント: 54 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 エコール・セザム
発行年月 2008年 12月
ISBNコード 9784902431049
版型 --
ページ数 325P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

高千穂ひづる OFF
藤井秀男 OFF

内容紹介

ロマンか現実か、時代劇か現代劇か、昭和三十年代の映画黄金期に心揺れ動かし、熱演しつづけたスター女優の青春。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

序章 生い立ちから宝塚に入るまで/第1章 楽しかった宝塚時代/第2章 映画女優に転身して/第3章 『笛吹童子』のころ/第4章 抵抗の時代から松竹へ復帰/第5章 『ゼロの焦点』前後/第6章 松竹専属からフリーになって/終章 結婚、出産、引退

著者情報

藤井 秀男
昭和27年(1952年)東京都目黒生まれ。東京大学文学部美学芸術学科卒。昭和61年、東京・飯田橋に私塾を開校。約20年間、中高生に英語を教え続ける。平成16年、出版社エコール・セザムを設立、語学書の執筆・編集に取り組む。近年は英語から映画へと関心の対象を移し、時代劇を中心に映画三昧の日々を送っている。「錦之助映画ファンの会」代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
高千穂 ひづる
昭和5年(1930年)兵庫県深江生まれ。父は、プロ野球の名審判・二出川延明。神戸女学院から宝塚音楽学校へ。昭和23年、初舞台。宝塚では雪組の娘役で活躍。昭和26年、東宝作品『ホープさん』に出演、小林桂樹の相手役で映画デビュー。昭和27年、宝塚退団、松竹入社。昭和28年、東映へ移籍。翌年、映画『笛吹童子』で胡蝶尼を演じ、注目を浴びる。続いて『紅孔雀』が空前のヒット。中村錦之助、東千代之介とともに東映時代劇の人気スターに。その後、松竹へ移籍し、現代劇にも多数出演。昭和36年、『ゼロの焦点』『背徳のメス』でブルーリボン助演女優賞。松竹をフリーになり、大映、東映の映画のほか、テレビ、舞台にも出演。昭和39年、「月光仮面」の大瀬康一と結婚。連続テレビドラマでは、「アッちゃん」の母親役ほか、昼オビのメロドラマでヒロインを演じる。昭和48年(1973年)、テレビの「愛ある日々」を最後に引退。出演映画149本

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ