pagetop

本 マルチチュードの文法 現代的な生活形式を分析するために

ほしい!に追加 twitter
本-マルチチュードの文法 現代的な生活形式を分析するために
著者: パオロ・ヴィルノ (著)
廣瀬純 (訳)
定価 ¥2,592(税込)
BOOKFANポイント: 120 pt
or
Tポイント: 72 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 月曜社
発行年月 2004年 01月
ISBNコード 9784901477093
版型 --
ページ数 259P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

パオロ・ヴィルノ OFF
廣瀬純 OFF

内容紹介

私たちは“多数的”だ。
国家が後退した公的領域にあらわれた“マルチチュード=多数的なもの”の存在・活動・主体性を解き明かす。
現代社会理論、現代思想の重要概念と政治的実践とを結びつける講義形式の入門書。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

序章(人民vsマルチチュード―ホッブズとスピノザ/追い払われた複数性―「私的なもの」と「個的なもの」 ほか)/第1章 懸念と防御(一日目)(怖れと不安という対の彼方へ/共有のトポスと「general intellect」 ほか)/第2章 労働、行動、知性(二日目)(ポイエーシスとプラクシスとの併置/名人芸について―アリストテレスからグレン・グールドへ ほか)/第3章 主体性としてのマルチチュード(三日目)(個体化原理/曖昧な概念―生政治 ほか)/第4章 マルチチュードとポストフォーディズム的資本主義についての一〇のテーゼ(四日目)/付録 パオロ・ヴィルノインタビュー/両義的な条件―“general intellect”・脱出・マルチチュード

著者情報

パオロ・ヴィルノ
1952年にナポリで生まれました。70年代には様々な革命運動に参加しました。具体的には、ローマ、ミラノ、トリノ(フィアット)の工場労働者たちとの政治活動です。1979年に投獄されました。罪状は「反体制的結社」です(これはトニ・ネグリやその他の多くの人々と同じ訴訟です)。三年間の予防拘禁(つまり裁判に先立ち収監)を務めました。最後は無罪放免となりました。つねに哲学の勉強をしてきました。非還元主義的な唯物論へと、すなわち、自然と歴史、言語活動と生産諸関係を絡み合わせることができるような唯物論へと至る道を探していたのです。五年ほど前から、カラーブリア大学のコミュニケーション倫理学の教授を務めています。それ以前は、シナリオライター、ジャーナリスト(日刊紙「il manifesto」)、出版社の編集者などをしていました

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ