pagetop

本 日本人が勇気と自信を持つ本 朝日新聞の報道を正せば明るくなる

ほしい!に追加 twitter
本-日本人が勇気と自信を持つ本 朝日新聞の報道を正せば明るくなる
著者: 高山正之 (著)
定価 ¥1,080(税込)
BOOKFANポイント: 50 pt
or
Tポイント: 30 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 テーミス
発行年月 2007年 04月
ISBNコード 9784901331135
版型 --
ページ数 253P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

高山正之 OFF

内容紹介

朝日新聞の独善と驕れる報道を衝けば、日本が元気になる。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 巨大メディアが垂れ流す歪曲報道(「自主自律の報道」を説く横暴・NHKを改易せよ―カネを払わないなら「訴えてやる」と開き直ったNHK会長へ/「学校教育に新聞を」の裏に大新聞の販売政策がある―家永三郎を「大勢に逆行」と持ち上げる天声人語の嘘 ほか)/第2章 朝日新聞の報道を正せば日本は明るくなる(馬鹿大使&朝日記者がアジアの歴史を改竄した―ベトナム抵抗史・東遊運動をねじ曲げた駐ベトナム大使の未熟/「日露戦争って何だ」と嘯く朝日新聞社説の偏向史観―朝鮮の植民地支配、さらに中国侵略に向かわせた転換点というが ほか)/第3章 天下り官僚はなぜか血色がいい(身内のことしか考えない日本外交「世襲制」の大罪―大物大使が亡くなったら親族席は外務省キャリアで一杯に/戦前の国防費を食っている天下り官僚は血色がいい―連合艦隊と50個師団の陸軍に費やされた税金がどう使われたか ほか)/第4章 困った隣人・韓国&北朝鮮とのつき合い方(国連事務総長に適さない韓国・潘外相の識見のなさ―「誠実さ」という言葉が相応しくない点では朝日新聞に通底する/気の重い隣人・韓国は先天性共産主義的国家だ―韓昇助・高麗大名誉教授が指摘する北朝鮮の特性とそっくり ほか)/第5章 中国の嘘を見やぶろう(孫文を今ごろ持ち上げる中国の嘘と非道を見やぶる―夜郎自大の中華思想から一歩も抜け出ていない漢民族中心主義/汪兆銘を「民族罪人」にした江沢民の抗日戦略の浅慮―南京大虐殺を捏造し中国全土に200もの反日記念館を建設 ほか)

著者情報

高山 正之
1942年生まれ。ジャーナリスト。1965年、東京都立大学法律経済学部卒業。産経新聞社入社。社会部デスクを経て、テヘラン支局長、ロサンゼルス支局長。98年より産経新聞夕刊一面コラム「異見自在」を担当。編集委員を経て、帝京大学教授に就任。2001年より「月刊テーミス」に「日本警世」を好評連載中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ