pagetop

本 人=間の人類学 内的な関心の発展と誤読

ほしい!に追加 twitter
本-人=間の人類学 内的な関心の発展と誤読
著者: 中野麻衣子 (共編)
深田淳太郎 (共編)
定価 ¥2,160(税込)
BOOKFANポイント: 100 pt
or
Tポイント: 60 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 はる書房
発行年月 2010年 03月
ISBNコード 9784899841135
版型 --
ページ数 227P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

中野麻衣子 OFF
深田淳太郎 OFF

内容紹介

本書のタイトル「人=間の人類学(じんかんのじんるいがく)」は、内堀の目指す人類学が何より、人間存在の根源的な成り立ちを明らかにすることに向けられており、また、その方法論として、人や「もの」のあいだの関係のありようを問うことを一貫して重視していることに因んでいる。
また副題にある「内的関心」とは、個別の問題設定を方向付け、それへの接近方法を形作る、いわばメタレベルに位置する関心を意味している。
「人=間の人類学」とは、この内的関心のあり方を一言でまとめたものである。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 死(酒に憑かれた男たち―ウガンダ・アドラ民族における酒と妖術の民族誌/死霊と共に生きる人々―ラオス・カントゥ社会における死の位相)/第2部 民族(インドネシア・ブトン等ワブラ社会の歴史語りの民族誌―巡礼、農事暦儀礼と「真実の歴史」/ポトラッチの行方―カナダ北西海岸先住民サーニッチのスィョクゥェアムと死に関する民族誌的「情報」)/第3部 関係(自己と情緒―アンガティーヤ社会におけるマァロオ(「心」)概念の素描/ボルネオ島プナンの「雷複合」の民族誌―動物と人間の近接の禁止とその関係性)/第4部 もの(バリにおける消費競争とモノの階梯的世界/トーライ社会における貨幣の教え方と払い方)/第5部 接合(取引費用の引き下げ方―モンゴル遊牧民と市場/P`an kung m^a―the Matchmaker of Tabidu:Managing Ambiguous Identity)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ