pagetop

本 英語をやっていて、本当によかった。 吉越流ビジネスマンのための英語塾

ほしい!に追加 twitter
本-英語をやっていて、本当によかった。 吉越流ビジネスマンのための英語塾
著者: 吉越浩一郎 (著)
定価 ¥946(税込)
BOOKFANポイント: 43 pt
or
Tポイント: 26 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 ワック
シリーズ名 WAC BUNKO B-100
発行年月 2009年 04月
ISBNコード 9784898316009
版型 --
ページ数 209P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

吉越浩一郎 OFF

内容紹介

最先端の仕事には英語は欠かせない!英語ができると、仕事の幅も広がる!情報は常にアップデートし、最先端の情報にしておかないと、世界中のライバル企業から取り残される。
そして、最先端の情報の多くは英語で書かれているのが現実だ。
また、ビジネスマンが英語を使う場面は、会社の重要局面の場合がよくある。
英語ができるかどうかが、チャンスをつかめるかどうかの大きな差となる。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 英語はできないよりは、できるほうがいい/第2章 発音や間違いなどを気にせず話してみる/第3章 外国人と日本人の発想の違いを知っておく/第4章 外国人とビジネスをして成功する法/第5章 大人になってからの英語再勉強法/第6章 ロジックを身につけることがビジネス英語力を鍛える/第7章 何でもかんでも英語を使うのはバカげている/第8章 英語学習でニッポンの良さが見えてくる

著者情報

吉越 浩一郎
1947年千葉県生まれ。ドイツ・ハイデルベルク大学留学後、72年に上智大学外国語学部ドイツ語学科卒業。極東ドイツ農産物振興会、メリタジャパン、メリタカフェを経て、83年にトリンプ・インターナショナル(香港)に入社。86年にトリンプ・インターナショナル・ジャパンのマーケティング本部長に転じ、87年に代表取締役副社長、92年に代表取締役社長。2006年に退任。トリンプ・インターナショナル・ジャパンの社長在任中に、19期連続増収益を達成。2004年には「平成の名経営者100人」(日本経済新聞社)の1人に選出された。現在は、吉越事務所代表。経営コンサルティング、講演などを中心に活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
Yahoo!ウォレット利用開始記念 Tポイント・今だけ最大5%!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

海賊王と開かずの《門》

茅田砂胡(著)


中学生からの作文技術

本多勝一(著)


小説君の名は。

新海誠(著)


ランキング一覧へ