pagetop

本 数学を使わない数学の講義

ほしい!に追加 twitter
本-数学を使わない数学の講義
著者: 小室直樹 (著)
定価 ¥1,728(税込)
BOOKFANポイント: 80 pt
出版社名 ワック
発行年月 2005年 05月
ISBNコード 9784898310823
版型 --
ページ数 278P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

小室直樹 OFF

目次

第1章 論理的発想の基本―まず「解の存在」の有無を明確化せよ(はたして解けるのか解けないのか―無駄な努力を排し、“やる気”を保証する/社会観察にどう応用するか―人間の悩みの根元は、すべて「存在問題」にある)/第2章 数学的思考とは何か―日本人が世界で通用するための基本要件(「論理」の国と「非論理」の国―なぜ、日本型行動様式は諸外国に理解されないのか/「法の精神」の根底にも数学がある―論理の世界から日本流曖昧社会を点検する)/第3章 矛盾点を明確に掴む法―論理学を駆使するための基本テクニック(論理矛盾は、どこから生まれるか―「必要条件」と「十分条件」を峻別する意義/人間の精神活動を数学的に読む―宗教・イデオロギーの骨子とは何か)/第4章 科学における「仮定」の意味―近代科学の方法論を決定した大発見(非ユークリッド幾何学の誕生―背理法で証明できなかったユークリッドの第五公理/近代科学の基本となった発想法―なぜすべては仮説にすぎないのか)/第5章 「常識の陥穽」から脱する方法―日本には、なぜ本当の意味での論争がないのか(数学の背景を読む―「数量化」が意味を持つための三つの条件/「全体」と「部分」の混同―『アローの背理』が明らかにした社会観察手段)

著者情報

小室 直樹
政治学者・経済学者。1932年東京生まれ。京都大学理学部数学科卒業。大阪大学大学院経済学研究科、東京大学大学院法学政治学研究科修了。東京大学法学博士。この間、フルブライト留学生としてアメリカに留学し、ミシガン大学大学院でスーツ博士に計量経済学を、マサチューセッツ工科大学大学院でサムエルソン博士(1970年ノーベル賞)とソロー博士(1987年ノーベル賞)に理論経済学を、ハーバード大学大学院ではアロー博士(1972年ノーベル賞)とクープマンス博士(1975年ノーベル賞)に理論経済学を、スキナー博士に心理学を、パースンズ博士に社会学を、ホマンズ教授に社会心理学を学ぶ

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高3,000円分ギフト券プレゼント中!今すぐマイページへ
特集一覧へ