pagetop

本 キーワードで理解する発生・再生イラストマップ 発生と再生のメカニズムの共通点・相違点が整理でき発生・再生研究のキーがよくわかる!

ほしい!に追加 twitter
本-キーワードで理解する発生・再生イラストマップ 発生と再生のメカニズムの共通点・相違点が整理でき発生・再生研究のキーがよくわかる!
著者: 上野直人 (編)
野地澄晴 (編)
定価 ¥5,724(税込)
BOOKFANポイント: 53 pt
or
Tポイント: 53 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
羊土社
シリーズ名
キーワードで理解する
発行年月
2005年 12月
ISBNコード
9784897065816
版型
--
ページ数
188P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

上野直人 OFF
野地澄晴 OFF

内容紹介

形態発生の仕組みの基本を整理でき、細胞・器官の各テーマごとに再生研究とのつながりが理解できる。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

総論 発生と再生の関連性(発生生物学と再生生物学/発生現象と再生現象 ほか)/第1章 発生・再生の基本(生殖細胞の基本/初期発生の基本 ほか)/第2章 細胞の発生・再生(血液細胞の発生・再生/免疫細胞の発生・再生 ほか)/第3章 器官レベルの発生・再生(血管の発生・再生/心臓の発生・再生 ほか)

著者情報

上野 直人
筑波大学大学院農学研究科修了。米国ソーク研究所にて神経内分泌学の研究に携わる。その間、FGFやインヒビン・アクチビンの精製・構造決定など主にタンパク質・ペプチド化学の研究を行ったが1988年に帰国後は細胞増殖因子の初期発生における機能に興味をもち、アフリカツメガエルなどを用いた発生生物学へと転身する。筑波大学、北海道大学薬学部を経て現職。現在は原腸形成時の細胞極性形成機構に興味をもっており、個々の細胞の極性化が大きな形態変化を生むしくみを知りたいと思っている
野地 澄晴
1970年福井大学工学部応用物理学科卒業、’80年広島大学大学院理学研究科修了、’80~’82年米国NIH客員博士研究員、’82~’92年岡山大学歯学部口腔生化学講座助手、’92年~現在、徳島大学工学部教授。現在、昆虫(コオロギ)の発生、再生、進化に興味がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
うれしい全品送料無料♪全商品1%ポイント還元!
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
電子書籍に自分だけのサインがもらえる!eBookサイン会情報はこちら!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

続日本100名城公式ガイドブック 日本の文化遺産「城」を歩こう

日本城郭協会(監修)


今日の治療薬 解説と便覧 2018

浦部晶夫(編集)


公認心理師必携テキスト

福島哲夫(編集)


ランキング一覧へ