pagetop

本 中世鎌倉美術館 新たな美的意義をもとめて

ほしい!に追加 twitter
本-中世鎌倉美術館 新たな美的意義をもとめて
定価 ¥1,080(税込)
BOOKFANポイント: 50 pt
or
Tポイント: 30 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
有隣堂
シリーズ名
有隣新書 67
発行年月
2009年 07月
ISBNコード
9784896602067
版型
--
ページ数
212P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

内容紹介

平安の王朝美を斬新に継承した鶴岡八幡宮の籬菊螺鈿蒔絵硯箱、禅宗文化の導入により、中国式リアリズムを反映させた建長寺の蘭溪道隆像、鎌倉五山系詩画軸の代表的作例である賢江祥啓の巣雪斎図など、中世鎌倉には多彩な美術史的展開があった。
本書は、著者独自の視点から、絵画を中心に特色ある作品を選び出し、それらと対話しながら、鎌倉の地にあった人々の美意識を明らかにする。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1室 鎌倉人の美意識(籬菊螺鈿蒔絵硯箱―草創期の美学/頬焼阿弥陀縁起―鎌倉スタンダード/金沢四将像―鎌倉武士の風貌/日課観音図―白描画の品格/浄光明寺敷地絵図―古絵図の風景/漆絵椀・皿―中世遺跡出土の絵画資料)/第2室 鎌倉禅の造形(鎌倉時代頂相図―禅僧列影/秋澗道泉像―画像復元/夢窓疎石像―頂相彫刻展示論/清拙正澄墨蹟 遺偈―魂の象形/猿猴図―建長寺公用の牧谿猿/仏日庵公物目録―私見三題)/第3室 室町ルネサンス(巣雪斎図―形式美の世界/玉隠英〓(よ)像―画家を問う/遊行上人縁起絵巻―錯綜する画風/地蔵十王図―異彩の地獄絵/荏柄天神像―空飛ぶ大天神/幻の便画面―『梅花無尽蔵』にみられる画事)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ