pagetop

本 ブランコ・ヴケリッチ日本からの手紙 ポリティカ紙掲載記事(一九三三~一九四〇)

ほしい!に追加 twitter
本-ブランコ・ヴケリッチ日本からの手紙 ポリティカ紙掲載記事(一九三三~一九四〇)
著者: ブランコ・ヴケリッチ (著)
山崎洋 (編訳)
定価 ¥3,240(税込)
BOOKFANポイント: 150 pt
or
Tポイント: 90 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 未知谷
発行年月 2007年 11月
ISBNコード 9784896422061
版型 --
ページ数 301P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

ブランコ・ヴケリッチ OFF
山崎洋 OFF

内容紹介

表向きの顔は新聞記者―1941年10月18日、いわゆる「ゾルゲ事件」。
ソ連諜報機関員の一人として検挙され、網走刑務所で獄死したヴケリッチ。
1933年から1940年まで、ユーゴスラヴィアの日刊紙『ポリティカ』に送られた日本に関する記名記事は、現在判明しているだけで56本。
日ソ間の紛争を回避しようとする情報分析家の目は的確に状況をとらえていた。
日本とその文化を愛し、造詣も深かった彼の筆は、ときにユーモアを交え、珠玉の随筆に迫るものであった。
初めてヨーロッパへ、神秘の国の諸相を詳らかに伝えた一連の記事全文、本邦初訳。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

一九三三年四月七日(金)―ナマズが地震を予知/一九三三年四月二十二日(土)―満州は日本の生命線/一九三三年五月二十一日(日)―現代日本の矛盾‐労働者は排外主義に夢中、貴族には共産主義が浸透/一九三三年六月十一日(日)―桜の花咲く国、恋愛と母性は別/一九三三年六月十八日(日)―今日の日本を支配する者はだれか/一九三三年六月二十二日(木)―太平洋の島、大島は自殺者の約束の地/一九三三年八月二十二日(火)―日本、満州に経済進出/一九三三年八月二十八日(月)―暑さと闘う日本人/一九三三年九月二十六日(火)―東京全市が消灯するとき/一九三三年十月十五日(日)―日本に強力なファシズム運動、救国家荒木将軍が指導〔ほか〕

著者情報

山崎 洋
1941年ブランコ・ヴケリッチを父、山崎淑子を母として東京に生まれる。1963年慶應義塾大学経済学部卒業、ユーゴスラヴィアに留学。1970年ベオグラード大学法学部大学院経済学科修士課程修了。セルビア翻訳家協会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ