pagetop

本 英国紳士サミュエル・ピクウィク氏の冒険

ほしい!に追加 twitter
本-英国紳士サミュエル・ピクウィク氏の冒険
著者: チャールズ・ディケンズ (著)
梅宮創造 (訳)
定価 ¥3,240(税込)
BOOKFANポイント: 150 pt
or
Tポイント: 90 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 未知谷
発行年月 2005年 09月
ISBNコード 9784896421415
版型 --
ページ数 331P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

チャールズ・ディケンズ OFF
梅宮創造 OFF

内容紹介

イギリス小説史上、最も生気に満ち、またイギリス・ユーモアの典型とされる作品が、ディケンズの記念碑的大著『ピクウィク・ペイパーズ』である。
ピクウィク・クラブの会長、サミュエル・ピクウィク氏と会員、すなわち女好きのタップマン君、詩人肌のスノッドグラス君、野外スポーツならお手のものと宣うウィンクル君、この四人が珍しい体験を求めて旅に出る。
尋常な旅ではない。
笑いの底に驚きあり、驚きの果てに失望や哀しみあり、随所にほのぼのとした味わいが漂う。
個性豊かで多彩な登場人物は、人間喜劇の一大パノラマをなす。
ロンドンっ子、サム・ウェラー君がピクウィク氏の下男として、旅のお供をしてからの展開は、息をつかせない。
この厖大な作品の超絶技巧的凝縮訳が、本書『英国紳士サミュエル・ピクウィク氏の冒険』800枚である。
ディケンズの精髄を、そしてヴィクトリア期英文学の大作をお楽しみいただきたい。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

著者情報

チャールズ・ディケンズ
1812年、イングランド南部ポーツマス近郊に生れる。父親ジョンは海軍経理部の書記をつとめたが、ロンドン、チャタム、再びロンドンへと慌ただしく転勤した。チャールズ12歳のとき、父親ジョンが負債者監獄に投獄され、姉ファニーとチャールズを除いて、母も弟妹らも皆獄中に暮した。15歳で弁護士の事務員となり、その後、民法博士会館の記者、新聞の通信員、議会の速記記者と、ジャーナリズム界に頭角を現す。24歳にして処女出版『ボズ・スケッチ集』を上梓し、ふた月と経たぬうちに『ピクウィク・ペイパーズ』月刊分冊の発行を開始する。1870年、ギャズビルの自邸にて急死。58歳
梅宮 創造
1950年、会津生れ。早稲田大学文学部教授、英文学専攻。著訳書として『子供たちのロンドン』(小沢書店、埼玉文芸準賞受賞)等(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

小説・エッセイのランキング

コンビニ人間

村田沙耶香(著)


最後の秘境東京藝大 天才たちのカオスな日常

二宮敦人(著)


掟上今日子の旅行記

西尾維新(著)


ランキング一覧へ