pagetop

本 マルクスの人間主義 その根源性と普遍性

ほしい!に追加 twitter
本-マルクスの人間主義 その根源性と普遍性
著者: 橋本剛 (著)
定価 ¥2,376(税込)
BOOKFANポイント: 110 pt
or
Tポイント: 66 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 窓社
発行年月 2007年 12月
ISBNコード 9784896250879
版型 --
ページ数 232P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

橋本剛 OFF

内容紹介

いま何が見直されるべきか!マルクス以後の「マルクス主義」が見失ったものは、人間主義・民主主義・平和主義という近代啓蒙思想の精神を継承・発展させたマルクスの人類史的観点にたった根源的で普遍的な思想にほかならない。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 「人間の本質」をどう理解すべきか―マルクス理解をめぐる「物象化論」者たちの迷妄(「物象化論」対「疎外論」の二極分化のなかで見えてきたこと/「フォイエルバッハにかんするテーゼ、その六」をどう読むか/マルクスの二種類の命題の意味/広松渉のマルクス主義理解とその帰結/ルソーの「奴隷」論の意義)/第2章 人間主義としての共産主義―カントの「目的の国」とマルクスの「自由の国」(マルクスの「自由の国」とは/カントの「人格の自己目的性」と「人間の尊厳」/資本の論理の体現者としてのホッブズ敵「自然権」/カントの「目的の国」 の理念的意義/マルクスにおける「必然性の国」と「自由の国」)/第3章 「疎外された労働」論と労働価値論(「疎外」概念の難解さはどこにあるのか/「労働の疎外」論と「価値形態」論/物神崇拝と物象化/資本における〈価値―貨幣〉の人間疎外的本質/資本の他者収穫的本性/〈資本の論理〉批判への通路としての労働価値論の意義)/第4章 人間主義と民主主義―マルクス主義と労働者の自己解放(なぜ既存「マルクス主義」者は人間主義の受容にたじろぐのか/「人民の自己規定」という概念の重要性/「人間にとっての根本は人間そのものである」という命題の意味/なぜ労働者の解放は「自己解放」でなければならないか)/付論 非暴力主義の思想的源流―「平和憲法」擁護の人類史的意味(モンテスキューにおける「平和」志向と法治主義/ルソーにおける非暴力原理の貫徹/カントの「世界市民的状態」概念と「永久平和」/ヘーゲルの「精神」概念の意味するもの/マルクスにおける展望)

著者情報

橋本 剛
1931年福島県生まれ。1953年北海道大学文学部卒業。1998年北海学園大学退職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

薬がみえる vol.3

医療情報科学研究所(編集)


機械保全の徹底攻略 2016年度版機械系・実技


天文年鑑 2017年版

天文年鑑編集委員会(編)


ランキング一覧へ