pagetop

本 国民語が「つくられる」とき ラオスの言語ナショナリズムとタイ語

ほしい!に追加 twitter
本-国民語が「つくられる」とき ラオスの言語ナショナリズムとタイ語
著者: 矢野順子 (著)
定価 ¥864(税込)
BOOKFANポイント: 40 pt
or
Tポイント: 24 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 風響社
シリーズ名 ブックレット《アジアを学ぼう》 11
発行年月 2008年 11月
ISBNコード 9784894897380
版型 --
ページ数 63P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

矢野順子 OFF

内容紹介

近似する言語を持つ隣国タイ。
その強大な政治・文化の磁場にさらされ続けるラオスにとって、言語の独自性は独立の証しである。
国民性を創り、守り育てる現場からレポート。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

1 「ラオス」の誕生―メコン川に引かれた国境線(ラーンサーン王国―繁栄と没落/国境線と言語の「境界」―分断されたラーオ人たち/「失地回復」と大タイ主義/ラオス刷新運動―ラーオニャイ(大ラオス)/ラオス内戦「二〇年戦争」―分裂するラーオ語)/2 ラーオ語を「つくる」―正書法をめぐって(ラーオ語正書法とタイ語正書法/ラーオ語は「遅れた言語」か?/ラーオ語正書法をめぐって―タイ語との「境界」設定/「国民語」、「国民の文学」/王国政府とパテーと・ラーオへ)/3 ラーオ語の「歴史」―「ラーオ語族Sakun Phasa Lao」の形成(ラーオ語、ラーオ族の「起源」―「ラーオ語族」/ラーオ語の「歴史」―「没落」と「復興」/タイ人は「ラーオ系民族」か?/)/4 ラーオ語か、タイ語か―言語ナショナリズムの昂揚(新しい娯楽とタイ語/「パーサー・パー・シィア」/アカデミーへの批判)

著者情報

矢野 順子
1974年生まれ。一橋大学大学院言語社会研究科博士後期課程在籍。東京外国語大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ