pagetop

本 マイノリティの名前はどのように扱われているのか 日本の公立学校におけるニューカマーの場合

ほしい!に追加 twitter
本-マイノリティの名前はどのように扱われているのか 日本の公立学校におけるニューカマーの場合
著者: リリアン・テルミ・ハタノ (著)
定価 ¥4,536(税込)
BOOKFANポイント: 210 pt
or
Tポイント: 126 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
ひつじ書房
発行年月
2009年 03月
ISBNコード
9784894764224
版型
--
ページ数
260P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

リリアン・テルミ・ハタノ OFF

内容紹介

2001年に完成した博士論文『USAGE OF NAMES AMONG MINORITIES IN JAPAN:THE CASE OF NIKKEIJIN CHILDREN IN JAPANESE SCHOOLS』を、その後の情報を補足して日本語に翻訳・再構成した第1部と、2008年にブラジル領事館から提供を受けたデータを基に分析した第2部とからなる。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 マイノリティの名前の扱い―日本の公立学校におけるニューカマーの子どもの名前(マイノリティの名前とは/マイノリティの名前をめぐる研究の枠組み/在日エスニック・マイノリティの概観/名付けに関する習慣と背景/ブラジル人・ペルー人の子どもたちの学校内での名前/差異の受容から未来へ)/第2部 日本で出生登録がされたブラジル人の名前(2005‐2007年)の分析(日本で出生登録がされたブラジル人の名前)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

病気がみえる vol.2

医療情報科学研究所(編集)


社会福祉士国家試験のためのレビューブック 2018

医療情報科学研究所(編集)


今日の治療薬 解説と便覧 2017

浦部晶夫(編集)


ランキング一覧へ