pagetop

本 中国人学生の綴った戦時中日本語日記

ほしい!に追加 twitter
本-中国人学生の綴った戦時中日本語日記
著者: 遠藤織枝 (編著)
黄慶法 (編著)
定価 ¥5,184(税込)
BOOKFANポイント: 240 pt
or
Tポイント: 144 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 ひつじ書房
発行年月 2007年 10月
ISBNコード 9784894763807
版型 --
ページ数 371P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

遠藤織枝 OFF
黄慶法 OFF

内容紹介

二〇〇二年中国福建省廈門市の図書館で発見された日本語の日記は、昭和十四年に中国人・李徳明(仮名)によって書かれたものであった。
日記の日本語とその背景を調査・分析することで当時の日本語教育の姿を探る。
また、存命していた李本人へのインタビューから、日本による侵略、国共内戦、文革と激動の時代を生きた一人の中国人の姿が浮き彫りにされる。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

1章 李徳明の日記/2章 日記日本語の特徴―ミスを忘れさせる、達者で生彩あふれる表現力/3章 日記の訴えるもの―さまよい、恥じらい、憤りつつ向上を誓う青年の声/4章 解説(1)―李徳明の学んだ日本語教育・厦門旭瀛書院/5章 李徳明さんインタビュー―勉強は苦しかった、楽しいことはなかったです/6章 解説(2)―植民地近代という視点

著者情報

遠藤 織枝
1938年岐阜県生まれ。文教大学大学院言語文化研究科教授。日本語教育、社会言語学
黄 慶法
1967年中国福建省生まれ。華僑大学外国語学部日本語科助教授。日本語教育、近代中日関係史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング